下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

FAの補償ルール「Cランクの補償無し」を改めて欲しい。

まだ現時点では、噂レベルですが、
巨人がFA宣言している
日ハムの陽岱鋼を獲得に動いているとか。。。
しかも、6年契約提示???



まあセ・リーグの話だから、
・ご勝手にどうぞ!
・どのみち
 効果的に使いこなせるのか疑問!
という気がします。


まあ相変わらず
格調低い強奪振り!
ん~、醜い醜い醜い、
醜悪至極なり!
という印象です。


しかし、一番、気になるのは、
既に森福、山口を獲得済みのため、
陽岱鋼を獲得すれば、
史上初のFAトリプル獲り!
しかも上限2人だが、
Cランク選手は適用外!
という話であります。

<記事転載>
 巨人が日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した陽岱鋼外野手(29)の獲得に乗り出すことが4日、明らかになった。すでに山口俊(29)、森福允彦(30)両投手をFAで獲得。「トリプルFA補強」となれば史上初だ。
 野球協約のフリーエージェント規約第11条第1項には、公示されたFA宣言選手が20人以下の場合、獲得できるのが1球団につき同一オフシーズンで2人までとされている。
  ただし第2項に「前項に定める人数の制限は、Cランク(旧球団で外国人選手を除いて年俸上位11位以下)の選手には適用しない」とあり、森福がCランクのため山口、陽岱鋼との「トリプル獲り」が可能となる。


 【巨人の過去のFA獲得選手】
 1993年 落合博満内野手(中日)
 1994年 川口和久投手(広島)
       広沢克己内野手(ヤクルト)
 1995年 河野博文投手(日本ハム)
 1996年 清原和博内野手(西武)
 1999年 工藤公康投手(ダイエー)
          江藤智内野手(広島)
 2001年 前田幸長投手(中日)
 2005年 豊田清投手(西武)
       野口茂樹投手(中日)
 2006年 小笠原道大内野手(日本ハム)
       門倉健投手(横浜)
 2009年 藤井秀悟投手(日本ハム)
 2011年 杉内俊哉投手(ソフトバンク)
       村田修一内野手(横浜)
 2013年 大竹寛投手(広島)
                      片岡治大内野手(西武)
 2014年 金城龍彦外野手(DeNA)
       相川亮二捕手(ヤクルト)
 2015年 脇谷亮太内野手(西武)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
確かにFA宣言の権利については、
選手にとって欠かせない権利
というのは理解できます。


しかし、巨人などに
有利なルールであることに変わりはなく、
当初のときよりも、2008年の改正以降は、
獲得チームが一層に有利となるルールに変更され
その後、その補償ルールはなかなか変わりません。
(圧力?・・・超勝手な推測です)


FA選手を獲得した場合の補償については、
FA制度導入当初は、
全てのFA権行使選手が補償対象選手になっていました。


しかし、現在は、ご存じの通り、ランク分けされ、
◇Aランク選手
(前球団の旧年俸が上位3位まで)
1)プロテクト外選手1名と旧年俸の50%の金銭
若しくは
2)旧年俸の80%の金銭のみ


◇Bランク選手
(前球団の旧年俸が4位から10位まで)
1)プロテクト外選手1名と旧年俸の40%の金銭
若しくは
2)旧年俸の60%の金銭のみ


◇Cランク選手
(前球団の旧年俸が11位以下)
全く補償は無し。


今年の場合、森福投手がCランクで該当しました。
Cランクということから、
当然、巨人からソフバンへの補償は無し、
おまけに獲得人数制限にもカウント無し。


今年、西武はCランク選手の件に
関わりませんでしたが、
昨年、脇谷をタダ同然で奪われました。
(タダというのは西武サイドにとっての話)


確かに
脇谷自身、自分の意思で西武に来たわけで無く、
その中で、ベテランとして頑張ってくれて、
脇谷の「巨人に帰りたい。高橋監督を胴上げ
したい。」という気持ちはやむを得なく、
それは選手の権利だからいいのですが、
チーム、球団サイドから見れば、
そもそも
Cランク選手の補償無し
という獲得チーム有利のルールは、
やはりおかしいとしか思えません。


下手をすれば、Cランク選手を狙って、
獲得狙う球団が事前に水面下で調略に動き、
Cランク選手に宣言させて、
その選手を獲得していくという策略
考えられなく無いですよね。


極端なことを言うと、
Cランク選手が他にも居れば、
何人でもFAで補充することも
できるわけですよね。
(さすがにそんな愚行をする
 ことは無いでしょうが)


パワプロのペナントレースモードでも、
FAで獲得できるのは、
ランク関係なく2名までですよ。


補償ルールの改正について、
流出の多い西武などは、
なぜ、声を上げないのでしょうか?
(やっぱ、圧力???(超推測))


それが無理なら、
確かに選手獲得にお金はかかりますが、
少なくとも、西武球団も、
現在のCランク選手補償無しの特典を活かし、
Cランク選手を積極的に
調略・獲得していくべきでは?

と思います。


王国を築いたときの根本氏
もし、今、フロントに居たとしたら、
FAでだらだら流出することに
何らかの手を打つでしょうし、
もしそれが抑制できないとしても、
Cランク選手を積極的に獲得する
でしょうね。


今年の岸流出は抑制できなくとも、
昨年のような補償選手の返却なんて
間抜けのことはしないでしょう。
せめて水面下でトレード等など
少しでも西武側に得がある手を打つでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追伸1】
もしCランク選手で補償が必要だったら、
キムショーは、
昨年、浪人していたかもしれませんね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追伸2】
そろそろ楽天から名簿が来る頃
ではないでしょうか。
今週くらいでしょうか?


西武が狙う補償は、
人+金で行くのか?
金のみで行くのか?


楽天の柿澤選手は、
守備力の程度はあるにせよ、
 内野で遊撃、一・三塁、外野ができ、
打撃力が魅力でしたが、
巨人へトレードへ出されてしまいました。


一方、巨人から来る小山投手は魅力ですが、
まさかプロテクト外しは期待できず、
さすがに獲れないでしょう。