下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

フロントの動かぬ重き山が動き始めた! ちょっと後手感を否めないけど。。。他の仕事もね。

今まで、鈴木葉留彦球団本部長が
編成部長を兼任してきましたが、
来年からは、渡辺SDが編成部長を
兼任することとなり、
編成部門のトップとなり、
選手の獲得調査や交渉などの
中心的役割
を担うそうです。


渡辺SDは、
最終的な決定権は本部長にあるが、
 私が中心となってやっていく
とのこと。


最終決定権が未だに本部長様が
持っていることは懸念されますが、
今まで不動の山の如く
本部長の座に居座り、
諸悪の根源的な存在になっていた
重い重い鈴木葉留彦氏から
少しでも渡辺SDに移行していくこと、
不動の重きフロントの山が動き始めたこと
は大歓迎です。


もちろん、渡辺SDでいいのか?
という問題はありますが、
今の本部長様よりは
マシではないでしょうか?


少なくとも、開幕前の今オフで
本部長様から移行してもらったのは、
来季の傷口を広げ切る前だったので、
良かったです。


ただ、今シーズン終了時には、
田辺氏が責任を取って監督を辞任しました。
しかし、シーズン終了後、後藤オーナーが
本部長様に責任を問うことは
「ありません」と明言し、
完全に「信頼しています」と言って、
本部長様の継続が決まりました。


正直、このときに
渡辺SDに編成部門を
移行して欲しかったですね。


記事によると(下記参照)
球団は3年連続Bクラスの事態を
重く受け止め、フロント改革に着手、
とありますが、
ちょっと遅い対応であり、
本来なら、シーズン終了後、
真っ先に本部長様のクビを切るべきでしたね。


シーズン終了後から今日まで、
監督、コーチ、選手(外国人)の編成
が進められてきました。


Bクラスが続いてボロボロなだけに、
当然、チーム再編は重要な仕事であり、
そのため、当たり前の話ですが、
編成部門のトップの資質が
低い・頭悪いのはアウトです。


したたかさ、ずる賢さ、
冷静さ、的確な判断力、

思い切りのいい大胆さ、
人心掌握術・求心力、
巧みな交渉術などなど、
当然、それらの資質は持っていないと、
いい仕事はできません。


もちろん、今回の編成においては、
渡辺SDもその仕事に意見をしている
だろうと思いますが、
今日までは、あの本部長様が中心になって
その重要な仕事をしてきたわけですから。。。


シーズン終了後から今日までの編成対応について、
岸を流出したことは今さらなんで百歩譲っても、
(本部長様のその交渉も下手くそでしたが)
やはり、
辻監督が就任する前に、
 コーチ陣(2軍含む)の要職
 ほとんどフロント陣で決められてしまった。
トレード、FA獲得に何も手を打たなかった。
 また自由契約者が少なすぎ。
 トレードで放出しても良かったのでは?
新外国人、今年も大丈夫?
 謎な外人って何?
などなどは、
来季への不安を募る仕事振り、
来季への不安の種を残す仕事振りでしたね。


例えば、かつての根本氏ならば、
最低限、トレードによる補強は行うでしょう。
本部長様では、まとまらなくとも
根本氏は巧みな交渉術でまとめてしまうでしょう。


もちろん、根本氏の時代は、
金がモノを言わせていた時代
だったことも強みの要因であったでしょう。


しかし、金があまり出せない状況としても、
FA権を行使しているCランクの森福
を狙う巨人にちょっかいを出していたでしょうね。


結果的に森福は巨人と、
3年契約総額4億円超で合意しました。
もちろん、今の貧乏西武は、
そんな金額を支払うことは
できないかもしれませんが、、、

だからと言って、ハナから諦め
獲得競争に参加しなければ
始まりません。


獲れればラッキーですし、
下手な外国人よりは
当てになる気もします。


もし、獲れなくとも、
価格をつり上げさせることができ、
少しでも巨人へ影響を
与えたかも(?)
しれません。
3人獲りへの影響を
ちょっとは与えたかもしれません。


そもそも西武は巨人との因縁が
江川問題、松沼兄弟問題以降あって、
根本氏の時代には、
江夏が巨人に行くという噂があれば、
飼い殺し覚悟で江夏を奪ったり、
巨人が桑田を早大行きのカモフラージュで
安パイにして、ドラ2狙いを考え、
清原をドラ1で指名し、
清原、桑田のW獲りを狙っている噂を
かぎつけると、
わざと「西武がドラ1で桑田を指名」
という噂を流して、
巨人に清原ドラ1を諦めさせて
桑田ドラ1に切り替えさせたなど、
有名な武勇伝が多いですよね。
(もちろんその一方で色々強引な問題もありましたが)


根本氏だったら、
今年のFA合戦では、
獲れればラッキー、獲れなくとも、
巨人の思うようにさせない邪魔を
少しでもするなど、
したたかに賢く対応したでしょうね。


来シーズンの編成が
ほぼ済み始めた今頃になって、
編成部門トップを
本部長様から渡辺SDへ移行
って、
後手後手感を否めません。


移行するのは、
2017年1月1日というキリのいい日ですが、
別にゲンを担ぐ必要も無いし、
役所じゃないんだから、
そんなことにこだわる必要もないし。
適切な時期に移行することの方が
はるかに重要です。


現時点では、
渡辺SDも、辻監督も
本部長様から与えられた今の戦力
当面、戦っていくしかありません。


そして、渡辺SDは、
今の戦力でダメだった場合の
リスクを常に想定しながら、
二の矢、三の矢と次々の手を見据えて
先手先手で対応しつつ、
強いチーム作りをしていくこと
が求められます。


今回、当然ですが、
編成トップの座は、
寛容力だけでは
勤まりません。。。


是非、渡辺SDには、
したたかさ、ずる賢さ、冷静さ、
的確な判断力、思い切りのいい大胆さ、
人心掌握術・求心力、巧みな交渉術

などなどを持って、
強いチーム作りに全力を尽くして下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、これは編成部門とは
別の仕事かもしれませんが、
昨日、外国人用の通訳募集のニュース
が出ていました。


外国人にとって、
日本で活躍するには
日本の風土、野球に馴染むことが
最優先事項として必須
であり、
そのためには、
通訳の仕事は重大です。


そのためには、通訳は
英語だけ話をできれば
いいわけでもなく、
日本の野球を熟知し、
彼ら外国人が安心して馴染めるよう
彼らの精神的支柱になることができる人
が必要でしょう。


それなのに、今オフの西武は、
複数の新外国人を招聘することは
わかりきっていた話
だっただけに、
今から通訳を募集するって、
そんな急凌ぎで雇った通訳
新外国人たちの精神的支柱
になることができるのでしょうか?


こういう細かいところを見ても、
今の西武は、やるべき仕事が
相変わらず
後手後手という印象
を否めませんね。




<記事転載>
西武は26日、埼玉県所沢市の球団事務所で仕事納めを行い、来年1月1日付で渡辺久信シニアディレクター(SD=51)が編成部長を兼任すると発表した。
  これまで編成部長を兼ねていた鈴木葉留彦球団本部長(65)は専任となり「3年連続Bクラスの責任をとらなければいけない」と説明した。これにより、渡辺SDが編成部門のトップとなり、選手の獲得調査や交渉などの中心的役割を担う。
  球団は3年連続Bクラスの事態を重く受け止め、フロント改革に着手。鈴木本部長は「編成部長は大きなポジション。いずれは渡辺SDがGMというポストに就く可能性は十分にある」とした。かつて黄金時代をともに築いた辻新監督をフロントから支えることになった渡辺SDは「最終的な決定権は本部長にあるが、私が中心となってやっていく」と意気込みを口にした。
ーーーーーーーーーーーーーーーー