下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

FA戦線不参加のワケ

今年のFA戦線などオフの補強は、
昨年優勝を逃した
巨人の「何でもかんでもの補強」が目立ちました。


一方、同様に昨年に優勝を逃したソフバンは、
意外にも、今年のFA戦線不参加でした。
その理由に関する記事がありました(下記参照)。


冷静に分析し、不参加を決め、
その理由が
「FA宣言選手より、今居る選手の方が上位」
ということのようです。


それだけ強いチームなんですね。


とはいえ、ソフバンの場合、
育成と補強の両輪に力を入れているから
巨人と比べても、
生え抜きで育つ選手も多く、
それがチームの強さの一因にも
なっていますよね。


ただ、巨砲不足でその補強はわかるけど、
デスパイネ狙い?
下位の貧乏球団から巻き上げる?
のは、ちょっとね・・・・
せめて、
海外の新たな畑から収穫して欲しいですね。


一方、西武は・・・・



<記事転載>
【球団トップに聞く】ソフトB後藤社長
FA戦線不参加のワケ
「今いる選手の方が明らかに上」
スポニチアネックス 1/12(木) 


◇球団トップに聞く!
 ソフトバンク・後藤芳光球団社長(上)


  最大11・5ゲーム差で独走劇を演じながらも失速し、日本一3連覇を逃したソフトバンク。後藤芳光球団社長兼オーナー代行(53)は今季のチームの目標を日本一奪回だけでなく、当初の目標である巨人のV9を超える「10連覇」に設定した。孫正義オーナー(59)が社長を務める親会社の財務部長も務め、「孫の金庫番」と呼ばれる。常勝へのビジョンとともに、営業面の仰天プランも聞いた。


=====中略=====


 親会社は世界的な企業になり、資金力は豊富にある。それが、時に「金満」と批判につながることもある。ただ、このオフ、FA戦線には参戦しなかった。日本一奪回に向け、大型補強を行うとみられていたが、現状把握に努めていた。
  「何でもかんでもの補強ではない。冷静に戦力分析し、FA市場の選手と比較した。今いる選手の方が、それぞれのポジションで明らかに“上”だと判断しました」
 例えば西武からFA宣言し、楽天へ移籍した岸。「1軍で活躍できる素晴らしい投手」と評価しながら、ドラフトで投手補強に成功していることを考慮した。14、15年に1位指名した高卒の松本と高橋の伸びしろ、昨年は5球団の競合の末に156キロ右腕・田中(創価大)を獲得し、「先発の一角に若手が入る」という期待と計算がある。
  ただ、「補強と育成は両輪」と二兎を追い、両方を仕留めにいくのが信条。「育成だけでも選手は育たない。高い目標は必要だし、FA(補強)は凄い選手が来れば、若手のチャレンジ精神を引き出せる」。昨年3月、福岡県筑後市にファーム施設を新設。育成を強化する一方、1軍は若手の「壁」となる分厚い戦力で充実させる。
(福浦 健太郎)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、上記球団と同様に昨年に優勝を逃した、
いやいや
3年連続Bクラスともっと酷い西武
今年のFA戦線に完全な不参加でしたね。
ブラフでもいいから、
参加する仕草を見せて攪乱して欲しかった
ですが、
その仕草すらありませんでしたね。


その不参加の背景は、毎年ですが、、、
ソフバンのように冷静に分析したのか
知りませんが、、、、
分析することもなく、
お金が無い→不参加を即決!
という臭いがぷんぷんでしたからね。
キムショーのように安価なら別だったんでしょうけど。


上記のような記事を西武に当てはめたら、
こんな感じでしょうか?
 下線部太文字
上記記事から差し替えた所です。


*****************
【西武バージョンに書き換えた場合】
<前略>


親会社はかつて資金力は豊富にあった
それが、今では衰退し、
時に株主様やファンからの批判に
つながることもある。


このオフ、FA戦線には参戦しなかった。
Aクラス奪回に向け、
大型補強を行うとみられていたが、
外国人の補強にとどめ、
岸マネーの収入も鑑みると
昨年より安価に済ましていた。
 
「何でもかんでもの補強ではない。
 そもそもお金が無いから
 そんな補強はできない。
 冷静に戦力分析し、
 FA市場の選手と比較したいけど、
 そもそもお金が無いから参加できない。


<中略>


ドラフトで投手補強に
成功していることを考慮した。
ここ3年に1位指名した
光成や多和田、今井の伸びしろ
「先発の一角に若手が入る」
という期待と計算がある。

ただ「我々フロント陣の判断
株主様のご意向は両輪」と二兎を追い、
たとえ愚行な判断でも
両方を仕留めにいくのが信条。
ただし、相反したら株主様のご意向を優先し、
お金のかからない範囲で「御意!」。


施設を改めたって選手は育たない。
 高い目標は必要だし、
 若手の貧乏をはねのけるハングリー精神
 を引き出せる。今の貧乏な環境と辻イズム、
 昭和型の潮崎思考で育成していく」。

昨年、大型扇風機を新設したが、
施設は未だに古いまま
育成を強化する一方、
育ったら西武から他へ巣立ちしてしまう。
1軍は若手と外国人の戦力で
充実させるしかないが、
それでBクラス脱出できるのだろうか