下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

新エース、いろいろ、がんばる!

新エースへの自覚が身についてきた雄星が、
佐野、佐藤、國場、多和田と一緒に
“チーム雄星”として、現在、沖縄で自主トレ中。


兄貴分として、投手陣の中心として、
一緒にトレーニングに励むことで
投手陣の「個の力」向上も狙う。


雄星自身も、野球のみならず、
人としての成長も期待できますね。


雄星自身、変化球を習得しようとしたり、
食トレや200kgウエイトで肉体改造に励んだり、
頑張っているみたいですね。


今まで直球中心のわかりやすい投球だっただけに、
特に、沈む球の習得しようとしているのはいいですね。


昨年、遅まきながらも、
緩急を付けることの重要さに気づきました。
でも、森と組むようになって
というか、終盤になって速球派に戻り、
緩急への意識が薄れ気味だっただけに、
その意識をより高めることはいいと思います。


ただし、
今回覚えようとしている
フォークでも、チェンジアップでも、
昨年使ったカーブでも、何でもいいんだけど、
①その精度、制球力を向上させること、
②ストレートと上手く混同させて
 その変化球をどう活かすか
が喫緊の課題ですよね。


「球数を減らして長い回を投げるために」
とありますが、それも与四球をどう減らすか、
結局、制球力がネックです。


でも、フォーク大きな武器になるけど、
相手にバレバレなら意味が無く、
暴投になれば最悪
です。
しかも、フォークの場合、
ここぞというときに使えれば良く、
負担が大きいだけに、先発なのだから、
ちょくちょく多投できないです。


当然、通年で活躍してもらわないと
駄目な立場であることから、
今後、メジャーにいきたいなら
故障だけは御法度ですから、
主要な武器にしたければ、
負担が小さい方がベターですし。。。


一方、カーブの方は
フォークなどより負担がまだ大きくなく
雄星自身、昨年に制球力さえ上げれば
武器になりそうな片鱗を見せていました。


正直、速球派なだけに特にスローで緩いカーブ、
いわゆる岸が投げていたようなカーブ
まずはそのカーブを身につけ、
その精度アップを図り、
それを成し遂げた上で
その次にフォーク等の習得を目指す方が
いいように思えますが。。。




<記事抜粋>
西武・菊池雄星投手(25)が13日、沖縄・浦添市で行っている合同自主トレを公開し、沈む球の習得に挑んでいることを明かした。


  「球数を減らして長い回を投げるためにフォークかチェンジアップ、どちらかをものにしたい


  チェンジアップは1試合で10球程度投げていたが、フォークボールは新球。この日キャッチボールで数球投げ、相手役の3年目左腕・佐野が「ナイスボール」と声を上げる場面も。「打者の反応を見てからでないと分からないが、楽しみです」と笑顔を見せた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<記事転載>
 西武の菊池は「食トレ」で肉体改造にも乗り出す。例年の自主トレは外食か自炊だが、今回の自主トレで初めて調理師に朝晩の食事を作ってもらい、筋肉を成長させる栄養素のタンパク質を1日300グラム以上摂取している。
  「(500グラムの)ステーキだけでは脂身もあるのでプロテインで補ったり。昨年はケガしたときに体重が100キロぐらいあった。今は96キロなので開幕のあたりで3キロ減らせれば」。近年は度重なる故障に悩まされただけに、食生活の改善で1年間投げ抜く筋肉の鎧(よろい)を身にまとう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー