下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

12球団のスローガン出揃う。こう並ぶと今年の西武のスローガンもマトモか?

12球団の今年のスローガン
が出揃いました
各球団見ると、それぞれに面白いですね。

今年の西武も
ガチ!マジ!LIONS2015
レベルじゃなかったので、
マトモに見えそうな気がしますが、、、
他球団と比べてどうでしょうか?
(まあいいんじゃない?という気も。。。)



<記事抜粋>
今年もバラエティ豊富
12球団のスローガン出揃う
ベースボールキング 1/22(日) 11:00配信


各球団のセンスが光る
 長かったオフももうすぐ終わり。いよいよ2月1日のキャンプインが近づいてきているプロ野球。各チームで新シーズンへ向けた準備が行われているが、今回は「チームスローガン」を取り上げたい。
  21日に発表された楽天をもって、12球団のスローガン(キャッチフレーズ)がすべて発表となった。長いシーズンを戦っていく上での指針となる言葉であるが、これが12球団それぞれに個性があっておもしろい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆日本ハム
F-AMBITIOUS
(ファンビシャス)


“Boys,be ambitious(少年よ、大志を抱け)”の名言
にちなんだそうですね。


FはファイターズのFですかね?


ファイターズ・ビー・アンビシャス
ならわかりやすいけど、
つなげて言うとめちゃわかりにくいですね。。。


◆ソフバン
1(ワン)ダホー!


日本一奪還を目指し、チーム一丸となって、
『1』番を目指し戦う
という強い意志の表れ、
そして『ワンダフルホークス』という意味も
込められているようです。


意味がよくわかりませんね。。。
まだ「熱男」の方がわかりやすかったですね。


ワンダフル?というと、
今、西武園でキャンペン中の

をイメージしちゃいます。。。
(ご無礼!)


◆ロッテ
翔破~限界を超えろ!~


今年も「翔破」シリーズですね。


限界に挑み、越えなければ
優勝、日本一の栄光は見えてこない
という意図から「限界を超えろ!」とか。


伊東監督になって
3、4、3、3着と半端な成績続き
新人以外、大きなプラス補強もできず
今のメンバーで優勝して行くには、
限界を超えないと厳しいですもんね。


わかりやすいと思います。


◆西武
CATCH the ALL つかみ獲れ!


もう周知のとおりです。
とにかく、まずはエラー無く
ボールを全てつかみ獲れ!
ですかね。


◆楽天
Smart & Spirit 2017
東北・夢・再び


ロッテ同様
"Smart & Spirit"シリーズ
続いてますね。


「東北に元気をそして夢を再び」
ということでわかりやすいと思います。


◆オリックス
野球まみれ 一勝懸命2017


あまり格好良いスローガンでないけど、
今のどん底のオリックスの状態を鑑みれば、
格好悪かろうが何だろうが、
がむしゃらに懸命に1勝を奪い取るという想い、

原点に立ち返った想いが伝わりますね。


昨年の「俺のオリックス」は
よくわかりませんでしたが、
こっちの方はよくわかります。


ある意味で、こういう想いは
西武にも通じる必要な精神ですからね。


◆広島
カ舞吼!-Kabuku-


「舞」い、「吼」えながら戦っていく。
他球団と違って、カープらしく
カブキながらも常識にとらわれず、
独自の戦い方を貫く
という想いでしょうかね。


漢字の方の主題は、
意味を聴いてもよくわかりませんが、
-Kabuku-という副題がついているから
何気なく意味が通じます。
ある意味、
カープらしく面白いと思わされますね。


◆巨人
新化
~GIANTS PRIDE 2017~


昨年が「一新」でしたね。


よくわかりませんが、
『一新』から『新化』へ。

昨年が誕生で、今年が進化
という意味
でしょうね???


「チームは、現有戦力、新しい力、
 若い力が融合して化学反応を起こし、
 さらに進化、そして「新化」する集団
 であってほしい
」とのこと。


まあ、あれだけ補強したんだから、
さすがに進化しないと、、、ですね。
GIANTS PRIDE に賭けて。。。


◆DeNA
THIS IS MY ERA


ペンパイナッポーアッポーペンを意識?


いやいや
2017年はすべての選手に
“これからは俺の時代だ!”
という強い気持ちを
持ってもらいたいこと
のことのようです。


英語で「時代」というと
色々あるようですね。



‘day/days’ は、比較的短い「時代」?
 ‘days’は2年くらいならば使える?


 ‘era’ は、かなり長い期間?
国などの歴史的な時代?
例えば、「江戸時代」や「明治時代」


 ‘age’ は‘era’ よりも長い「時代」?
「氷河期」は ‘the ice age’


 ‘time/times’ は個人的な「時代」にも、
歴史的な「時代」にも使う?
ある一時期の人々の生活が
思い浮かぶような描写をする時には
 ‘time/times’が合う?


They were very modest times.
(とても質素な時代でした)


英語は苦手ですが、
面白いそうですね。。。


◆阪神
挑む Tigers Change


どんな相手にも立ち向かう。
どんな局面でも己の限界にトライする。
その精神を全員が強く持ち、
タイガースが変革し続ける一年にしたい。
そうした強い思いをスローガンとして表現している。
とのことのようです。


ただ「変革し続ける」って、
昨年スローガンが「変革 Fighting Spirit」
でしたからね。


どこまで変革していくのでしょうか?


◆ヤクルト
目を覚ませ!

Snap out of it


『スワローズ選手たちの実力は
 本来そんなものじゃない!
 気持ちを切り替えてやっていこう!』
 という想いのようです。


わかりやすくていいんではないでしょうか。


◆中日
原点回帰

~ゼロからのスタート~


これも中日の状態を鑑みれば、
わかりやすい直球的な
かつ素直なスローガンですよね。


日本シリーズで辻監督vs森監督になれるよう、
双方で頑張って欲しいですね。