下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

キャンプ3日目にして。。。SDも本部長並???

キャンプ2日目、3日目と迎え、
連日で暗雲漂うライオンズキャンプ。


2日目の昨日は、
雄星、ユニホーム忘れる!という
おとぼけ振りが見られ、
『新エースとしての自覚あるの?』
という不安が・・・
漂います。


3日目の今日は、
ドラ1の今井、
右肩の張りでキャンプ離脱!

帰京して検査。


初日に捕手を立たせて
6~7割くらいの力で29球を投げていて、
オーバーワークに注意していたようですが
マスコミが多く来ていて力みもあったとか。
その力みからか、
時折フォームのバランスを崩して
投げれなかった場面もありましたね。


ただ、2日目にその力みのせいか、
右肩の張りを訴えてノースロー調整に。


結局、3日目の今日、
都内病院で肩の検査を受けるために、
キャンプを離脱して一時帰京し、
今後は二軍・B班キャンプに合流するとか。


一応、ヤバそうなことにならなさそうですが、
念のためということでの一時帰京→検査と、
首脳陣も大事をとっての決断を下しました。


今井の場合、
今後、大いに期待できる大器でありながらも、
線が細すぎる感があることから、
まずはプロ野球選手としての
身体づくりを優先すべきで、
じっくりと下で足場を固めてもらいたい
ところです。


まあ大事に至りそうになく(多分)、
というか、大事に至らなければ
首脳陣もきちんとした判断を即決した
のだから、
大きな問題ではないでしょう(おそらく)。


土肥コーチも
「何でも今後の糧にしてもられば。
 準備が大事だということを
 改めて感じてもらえれば」

とそれなりのコメントを発してます。


まあ、ここまでなら、3日目の話は
暗雲漂うほどでも無さそうかな???


ただ、重要なポストに居る渡辺SDは、
「1年目でもともとは
 連れてくるような
 ピッチャーじゃなかったんで。」

とか???


じゃあ、なんで連れてきたの?
当然、A班に来れば、
本人は張り切っちゃうのは
誰でもわかりきっている理なんだから。


もちろん、渡辺SDも、悪気があるわけでもなく、
「とりあえず切り替えていけるんじゃないかな」
と言っていることからも、
「気にするな!」
「焦らずじっくりやって来い」
という想いから発言されている
という気もしますが、
渡辺SDの発言(表現)のセンスも
デリカシーの無い本部長並ですな。。。


そういう
首脳陣の相変わらずの素振りから、
『今年も危うい?』
という不安が・・・
漂います。


とにかく、
2日目も、3日目も
こういう意識の問題から
大丈夫かいな???

と思わされましたが、、、




<記事転載>
西武ドラ1・今井が一軍キャンプ離脱
渡辺SD「もともと連れてくるピッチャーじゃなかった」
東スポWeb 2/3(金) 16:26配信


 西武のドラフト1位ルーキー・今井達也投手(18=作新学院)の一軍・A班キャンプ(宮崎・南郷)離脱が第1クール最終日の3日、決定した。キャンプインした1日のブルペン入り後に右肩に強い張りを訴えたためで、今井は前日2日に続きこの日も完全ノースロー。本隊と離れ別メニュー調整で3日間の“一軍体験キャンプ”を終了した。
  この日一時帰京し、4日に都内病院で肩の検査を受けたのち当初の予定であった二軍・B班キャンプ(高知・春野)に合流する予定だ。


  土肥義弘投手コーチ(40)は「大事をとっての決断です。本人が一番悔しいだろうけど、何でも今後の糧にしてもられば。準備が大事だということを改めて感じてもらえれば」と言及。
 渡辺久信シニアディレクター(SD=51)は「1年目でもともとは連れてくるようなピッチャーじゃなかったんで。しっかり診てもらってB班の方に合流するということ。とりあえず切り替えていけるんじゃないかな」と甲子園V腕の今後のケアを気にかけていた。