下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

①楽天戦、則本出てくるのね。。。②ドラ1・今井くんが初登板日決定!! &付表:2軍戦の試合毎の各投手の成績

①楽天戦
今日はさすがに中止になりましたね。
東京もざんざん降って寒かったですから、
福島はもっと寒かったでしょうね。


相手の先発が辛島だったから
とっととやっちゃいましょう!
と思ってましたが、
さすがに天候には勝てません。


明日は試合できそうですけど、
寒いから体調にはお気を付け下さい。
(こんなときでも雄星なら半袖なんだろうなぁ)


こちらの先発は多和田がスライド。
まあ問題は無いでしょう。
まあ光成は不調のロッテ戦に!
少しは気が楽でしょうか?
でも、翌週は日ハム戦ですけど。


このようにずれ込むと、
来週の楽天戦の頭には
ウルフを持ってこれそうです。
好調の楽天戦に
ウルフを当てるのはいいのですが、
気になるのは、大宮開催なんですね。


ウルフはゴロを打たせて獲るタイプで、
今年の西武の守備はだいぶ頼りがいありますが、
いかんせん、大宮は土グランドですから、
打たせた打球がイレギュラーに跳ね
取りこぼすおそれが懸念されます。


できる限り、ウルフの場合、
人工芝の球場中心で使って欲しく
今週は光成を飛ばしても
いい気がしますが。。。

ーーーーーーーーーーーーーー
一方、楽天の明日は則本が先発ですね。
結局、辛島が間隔開いていたので
火曜日に入れて、あとは
則本、釜田・・・・と
ローテを崩すこと無く、
間隔を狂わすこと無く、
だったみたいですね。


問題は来週前半の楽天戦でも
則本が西武と当たるということです。


正直、楽観的な希望として、楽天が
今週後半の日ハム戦、来週後半のソフバン戦
と強豪相手を見据えて、
後半3連戦に則本、美馬、岸と、
則本をそちらに廻してほしかったですね。
そうすれば、今週、来週の楽天戦が
だいぶ楽になりましたから。。。


でも楽天サイドから考えれば、
今の日ハムは不調でも、
やはり日ハムやソフバンに勝つよりも、
則本が得意にしている西武で投げる方が
勝つ確率が高い
のだから、
当然、楽天が2勝を奪うためには、
ローテは崩さずに、
則本は西武にぶつけるのが
適切な判断ですよね。


とにかく、今週のみならず、
来週前半にも則本が出てくることを見据え、
則本を何とか攻略しないとなりません。


則本は勢いに乗ったら手が付けられないので、
勢いに乗る前の序盤で叩く必要があります。
とはいえ、厄介な則本のフォークには
序盤は敢えて振らない、簡単に手を出さない、
相手に振ってこないよ!と思わせたい
ので、
序盤は様子見せざるを得ない面もあるでしょう。


とはいえ、
スライダーやチェンジアップを狙うとか、
ストレートを流し打っていくなどの対策は
序盤からでも仕掛けることはできると思います。
また走者が無いより有った方が
打たれている則本
に対しては、
走者を出したら、
その走者を潰すこと無く、足で揺さぶったり
何かしら則本のリズムを崩そうとすること

必要でしょう。


どんな手を使ってでも、
泥臭くて良いから、
苦手の方に分類されるの則本
を打ち崩すよう頑張って下さい。


【追伸】
今日、ロッテは石川が先発なんですね。
来月はわかりませんが、今月は当たりませんね。
でもオリのディクソン、松葉とは
もう一度当たりますけど。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②ドラ1・今井くんが初登板日決定!!
将来性有望のドラ1の今井
26日のイースタン・ヤクルト戦に
登板するプランがあるようです。


先日のイースタン戦では
第二球場で藤田と一緒に
球拾い、道具拾いをしていましたが、
いよいよ対外相手との初実戦、
いよいよ待望の若獅子が始動ですね。
ですね。


しかも、初デビュー
ぼろっかすの第二球場ではなく、
メットライフドームの舞台
用意されそうです。
(多和田の初公式戦はぼろっかす第二球場でしたが・・・)


問題は「右肩大丈夫なの?」ですね。


とにかく、もし登板する場合、
そこでの投球内容云々、結果云々よりも
故障無く、無事にクリアして欲しいですね。


まさか、そこで結果を出したら、
ゴールデンウィーク直後あたりに
1軍へ強制徴兵かけたりしないですよね。。。


右肩の問題もあるけれど、
身体の線の細さを考えると、
プロとしてやっていけるように
前半はしっかりと基礎・土台作りに
専念して欲しい
んですけど。。。



西武ドラ1今井、26日公式戦デビュー浮上
本拠地2軍戦 右肩炎症の回復進む
西日本スポーツ 4/11(火) 7:30配信


 西武のドラフト1位、今井達也投手(18)が26日のイースタン・ヤクルト戦(メットライフドーム)で公式戦デビューするプランが浮上した。春季キャンプで発症した右肩関節唇の炎症も回復が進んでおり、順調ならプロでの新たな一歩を踏み出すことになりそうだ。
 今井は2軍でのリハビリを経て、今月はブルペンで約70球の投球練習を行うまでに回復。潮崎2軍監督も「順調に進んできた」と話しており、11日以降にシート打撃への登板を予定。待望の実戦マウンドへの階段を着実に上がっている。
  2軍戦ながら、昨夏の甲子園V腕の「本拠地初登板」にもなる一戦。現時点では先発で短い回数を投げる見込みだ。1軍に抜てきされた春季キャンプでアクシデントに見舞われた右腕も「一日も早く1軍で投げたい」という思いを胸に練習に取り組んでいる。
=====後  略=====
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、今井の初登板が
ニュースになっていたけど、
最近の2軍戦での投手陣
どうなっているのでしょうか?


簡単ですが、
一昨日までのイースタン公式戦における
試合毎の各投手の成績を最後にまとめてみました。
※練習試合の栃木戦も入れてます。
※参考として被安打率を入れてますが、
 勝、負、S、Hはどうでもいいので略しています。


今のところ、
オープン戦と同様に、
1試合100球以上は投げさせず、
中4週とかの強行登板など
アホな酷使はしていないようですね。
(しないのが当然のことですけどね)


ただ、良かったり・悪かったりと、
パッとしない投手ばかりですね。。。


一応、十亀が楽天戦と先日のDeNA戦で
まずまずの感じですが、
所詮、下での戦いですからね。
本来の十亀からしたら、
2軍相手で1度くらいは6回0点を見たいし、
楽天、DeNA戦とも球数が微妙に多いですよね。
それでも、直近のDeNA戦では、
状態が上向きのようですが、
ヒッティング打者のエリアンに
1発浴びたのは少し不満が残ります。

もう少し様子を見たいところです。


またガルセスは先日、
ロッテ戦で先発して
7回で自責点2と試合を作ってますが、
2軍戦において、打者25人に対し
4被安打3四死球は不満ですね。
こちらも様子見ですね。


十亀、ガルセスとも
今一つだけど、結局、頭数揃えるために使う
という感じになりそうな気が。。。


岡本も3月は好調でしたが、
もうメッキがはがれてしまいましたね。。。
本来、岡本あたりが復帰しないとダメなんですが。
というより、岡本自身ももう崖っぷちですけど。


好投し続けているのは、
豊田、松本、藤原、田村

といった中継ぎ投手くらいですね。。。


とにかく、投手陣にとっては、
昨年は2軍より1軍の方が選手生命の危険な場でした。
このため、1軍昇格はある意味、
戦時中の赤紙と同様でした。
(でも下から上がってきた投手は
 あまり使われませんでしたけど、2軍と違って
 1軍は息のできない変な空気に振れなくては
 ならなく、皆、顔がこわばっていましたね。
今年は1軍より2軍の方がデンジャラスゾーンです。
自分を潰したくなければ、身を守りたいなら
とっとと1軍に上がれるよう頑張らないとですね。


ただし、
キャンディは、タダでさえノーコンで、
走者が居たら、さらにノーコンで、
おまけに
あっさりとランエンドを仕掛けられるので、
1塁走者でも1安打でホームへ生還してしまうから、
川越も、とにかくストライクが入らないから、
(獅子の日のロッテ戦ではストライク率が2割5分)
日本プロ野球界で投手として活躍するのは厳しいですね。


ところで、
佐野は栃木戦以外、
國場、佐藤勇、郭
全く出てないんですよね。
故障???


まあ中塚くんは、まだまだ
出すに値するレベルじゃ無いからわかるけど。


藤田は球拾い要員です。


また郭シュンリンは
WBCのフルボッコもあって、
もうダメなんでしょうかね?


先日、試合前に第二球場で観客のところを
本田、玉村、國場、佐藤勇、中塚と歩いてましたけど。。。



【付表】イースタン戦の試合毎の各投手の成績