下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

4/21:日ハム4回戦(inMLD) エースが今度は花巻対決も制して試合も完勝!

今日の日ハムとの4回戦は、
雄星vs上沢の先発。


日ハムは大谷、中田、
マーティンらを欠き
5連敗中。
スタメンも西川、中島、近藤と並ぶが、
4番はレアード、5番が市川と
ONに比べると寂しい中軸。
6番は田中賢で、
それ以降の下位打線が
横尾、石井一、岸里と、
誰?誰?誰?という感じ
全体的に1.5軍というレベルに。。。


正直、この試合は、エースも投入して
相手が弱っているのだから
確実に勝ちを拾いに行くべきゲーム


しかも、日ハムが不振に陥っているだけに、
また西武が週5日という日程に恵まれ、
表ローテの先発陣を使えるカードなだけに
このカードは3タテを食らわして
今のうちに1つでも多く勝ちを拾い、
貯金を稼げるうちに稼いでおきたい3連戦です。


とにかく日ハムは大谷らが復帰してくれば、
また今、代わりに出ている若手が
実戦経験を重ねて成長してきます
ので、
底力をアップして必ず追い込んできます。


今のパリーグは
楽天、オリ、西武が好調でも、
必ず日ハム、ソフバンは追い上げてきます。
それを見据えれば、
ここを2勝1敗では
日ハムを1つしか離せません。
もしこのカードを3連勝すれば、
日ハムは8連敗となり、
昨年みたいな怒濤の15連勝をされても
貯金は7で済みますから。


この弱まっている今、
強敵を相手に1つでも負かしたいです。


とはいえ、3戦目の日曜日は、
こちらが安定しているウルフ先発ですが、
日ハムはこちらの天敵・メンドーサが先発で、
復活気配の兆しがある中田
この日から復帰予定のようですから、
3連勝は楽ではありませんが。。。


ただ中田が流さず引っ張ってくれれば、
ウルフの餌食になりやすいか。



【日本ハム】中田、23日再昇格へ
豪快フルスイング「怖さ全くなかった」

スポーツ報知 4/20(木) 8:02配信
 <記事抜粋>
 10日ぶりに実戦復帰した。「4番・DH」でスタメン出場し、1打数無安打1四球だったが、豪快なフルスイングを披露するなど、万全の状態をアピール。再登録可能な23日の西武戦(メットライフ)での復帰に向けて、歩みを進めている。
  10日ぶりの実戦復帰初戦を終えた中田の表情には、充実感があった。1打数無安打1四球に終わったが、「自分が思っていた以上にバットを振れたので、問題ないですね。バットを強く振る怖さも、打席の中で全くなかった」と、万全の状態をアピールした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、始球式については、
開幕戦に東尾修、娘・理子、孫の始球式でしたが、
今日は、婿(?)石田純一
始球式で登場しましたね。


靴下履いている石田純一のレア画像?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話はだいぶ逸れてしまいましたが、
さて、本題の今日の試合です。


今日の雄星は、
先頭の西川に安打を許しましたが、
それ以降は無安打の完封劇。
与四球も2つであり、12奪三振。
最終回でも150km/h台を連発する勢い。


球が走っているストレート、
キレのあるスライダーに
カーブやフォークも加え、
直球と変化球が良い相互作用になってました。


相手の状況が格下感あふれていたので、
際どい勝負をしなくても済む形
自信と余裕を持って投げきることができた
のでしょうが、
今日の雄星は大賞賛に値しましたね。


ちなみに後輩・大谷はお休みですが、
日ハムにはもう一人花巻東高卒がいるんですね。
大谷の1つ下の岸里(誰?)


開幕戦では試合に勝ったけど、
花巻東高卒対決では敗れました。
(試合に勝てば問題無いんですけどね)
しかし、今日は
花巻東高卒も制して
(まあ岸里相手では当たり前ですが)
試合も完勝しましたね。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、打撃陣は、
秋山先頭打者HRを打ち、
2HRを含めた試合連続で猛打賞
ホームラン2本目については、
>あまり自分としては続いて
>ほしくないバッティングなので、
>最後の打席、しっかり低いライナーを
打てたのが自分としてはよかった
>と思っています。
とのことです。


確かにHRによって
自分のリズムを崩すことが
懸念されますからね。
しかし、
悩まずバットがすんなり出ており、
復調しましたね。


源田はエラーが出てしまいましたが、
フェンス直撃の三塁打を含むマルチ
しかも、初回の安打後に、
盗塁をきっちりと決めて、
さらには3塁まで進塁したこと
は大きかったですね。


浅村死球で冷ゃっとさせましたが、
きっちりとマルチを決めてきました。


おかわり君は、
甘いど真ん中のフォークという
絶好失投をきちんと捕らえて
2試合連続で1発が出ました。
おまけに左安打も打ってマルチを決め、
試合連続安打を15に積み重ねました。


メヒアも、銀もヒットが1本出てました。


結局、今日の打撃陣は、
11安打、3HR、与四死球79得点。
三振はわずか3つ。


ただし、
下位打線(山川、外崎、木村文)からは
バットの快音が聞かれませんでした。


まだ山川は4打席中2つが四球、
外崎も1つの四球を選んでいますが、
木村文は4タコと復調の兆し無しでした。
(中飛、三邪飛、中飛、空三振)
まず1打席目簡単にボール先行で
B3S0と有利なカウントに。
4球目のインハイのストライクを見逃し
はコースも際どくやむを得ないでしょうが、
5球目の外角高めは
追い込まれる前に
手を出して流して欲しかったです。
まあここは最後には流し気味で
良い当たりでしたけど。


ただし2打席目は「喝!」でしたね。
初球は外崎の盗塁があったので
ど真ん中を手出さずにいたのでしょうが、
二死二塁のチャンスになった
次の2球目は
スライダ-が高めに甘く入りますが、
見逃してしまい、2球で追い込まれました。
その後、立て続けにボール球が来て、
4球目のフォークはよく我慢しましたが、
結局、高めボールに入った5球目で中飛。
当然、外崎は残塁。


2球目の見逃しは、タイミングが
合わなかったためかもしれませんが、
ここは手を出すべき打ちやすい球でしたね。

初めの絶好球を見逃して、
終わりの厳し球を凡打、空三振
というパターンが多いですからね。
(当然、それでは打つのが難しいです)


3打席目は、初球から手を出して、
ど真ん中を打ったのは良かったですが、
結局、打ち損じて中飛。。。
流せば楽なのに、、、と思います。


4打席目も
ファーストストライクから
手を出しましたが、
完全に引っ張っています
積極性=思い切り振る→引っ張る
になってますね。
まあ内角だから引っ張った方が良いけど、
振り回している感があります。
内角に入り込んでゾーン外した
3球目にも手が出て
思い切り引っ張り
ファウルで追い込まれました
最後は縦に落ちたスライダーを
空振り三振。。。
この打席、振り回してしまいましたね。


ここまで陥るようなら、
一旦、気分転換も含めて
放牧に出して
リセットしてきた方がいい
と思いますけど。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、
今日の完勝振りは盛り上がりましたし、
このまま3タテを決めて
今のラッキーチャンスのうちに、
1つでも勝ちを稼いで貯金を増やして欲しいので、
明日、明後日に集中を切らさず油断せず、
野上が自分の投球を果たして、
メンドーサを打ち込んでもらいたいです。


ただし、喫緊の課題は、
先発投手の絶対的な駒不足の中、
来週からの週6連戦をどう乗り切るか?

ですね。


昨年の監督さんのコメント
ではないですが、
「いねぇんだよ!」ですね。



西武・田辺監督
辞めろ!ヤジにブチ切れ「いねぇんだよ!」
[ 2016年6月19日 05:30 ]
<記事抜粋>
ヤジが飛ぶと「(他に)いねぇんだよ!」と声を荒らげた。