下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

7/9楽天12回戦(in宮城)勝ち越すべき重要な一戦を、ハンデをもらいならいながらも、相手の意図通りに完敗!これが優勝争いするチームとの雲泥の実力差。相手は満員のお客様を盛り上げ、来週の鷹戦への練習台になった日曜日。

今日は楽天戦カードの勝ち越し
賭けられる重要な一戦。


週後半の金土日の3連戦の場合、
楽天は、雄星の金曜日を半分捨てて嶋らを休ませ
土日でしっかりと連勝して勝ち越しを果たす戦略。
現在、このパターンで2度もやられています。
とは言っても、土日の戦いにおいては、
いつもなら美馬、岸で対峙してきますが、
今週に限っては、
獅子よりも鷹を重視して岸を鷹戦に向けて温存し、
日曜日に今季2試合目の塩見をぶつけてきました。
当然、楽天サイドから見れば、
日曜日を捨てたわけでは無く、
今の獅子には塩見で十分、鷹には岸が必要
と判断した当たり前の戦略を敷いてきました。


ライオンズから見れば、ある意味、
コケにされた戦略でありますが、
カードを勝ち越すのに最大のチャンスとなる
ボーナス・サンデーになっております。


当然、今日は勝つべしゲームであり、
内容より結果が求められることが重要な一戦。


【1回表】
◇秋山
 初球、 外角低めにストレート外す 
  2球目、内角高めにスライダー外す
  3球目、内角高めストレート見逃す
  4球目、中の高めストレートファウル
  5球目、中の低めフォークを左飛
◇源田
 初球、 真ん中ストレート見逃し
  2球目、外角低めにカーブ外す
  3球目、内角フォークを右安打
◇浅村 一死一塁
 初球、 外角にカーブ外す
 牽制入れる
  2球目、内角低めにフォークがワンバン
  3球目、中の高めフォークをファウル
  4球目、外角ストレートを見逃し
  5球目、外角高めにカーブ外す
 牽制入れる
  6球目、外角高めフォークを打ち損じ
     ファウル。ぎりぎり捕球できず
  7球目、内角低めにストレート外し与四球
◇おかわり君 一死一二塁
 初球、 外角低めストレート見逃し
  2球目、外角にストレート外す
  3球目、外角低めストレートを流しファウル
  4球目、内角ストレートを一飛
     インフィールドフライ

◇栗山 二死一二塁
 初球、 内角低めカーブをかすってファウル
  2球目、外角ストレートを流して
     左安打タイムリー
◇メヒア 二死一二塁
 初球、 外角低めストレート見逃し
  2球目、外角低めにカーブ外す 
  3球目、中の低めフォークをファウル
  4球目、中の低めフォークをファウル
     ただメヒアも振り急ぐ
  5球目、外角高めストレートを
     ライトスタンドに3ラン弾
◇直人
 初球、 中の高めスライダー見逃す
  2球目、真ん中カーブ見逃す
  3球目、真ん中高めストレートを左飛
◇塩見 立ち上がり29球
 球が高め傾向でフォークも沈みが半端。
 立ち上がり状態は良くない塩見。
 メヒアの3ラン弾を含め4点先制。
 ウルフへの最大の貢献ができました。
 流れを序盤から「つかみ獲り」ました。


【1回裏】
◇島内
 初球、 内角高めに2シーム外す
  2球目、内角カーブ見逃す
  3球目、外角低め2シーム見逃す
 4球目、中の低めチェンジアップをファウル
  5球目、真ん中2シームをファウル
  6球目、外角カーブで空三振
◇ペゲーロ
 初球、 外角高めストレート見逃す
  2球目、外角カーブをニ安打
   浅村が止めるが、それで精一杯。
◇岡島 一死一塁
 初球、 外角高め2シーム見逃し
  2球目、内角2シーム見逃す
  3球目、外角低めに2シームを外す
  4球目、内角低めカーブで一ゴロも、
   メヒアの失策で出塁許す。
   このミスは
   せっかく自ら流れをつかんだのに
   手放すきっかけになりそうです。
◇ウイラー 一死二三塁
 初球、 内角低めに2シーム外す
  2球目、内角高めにカーブが抜ける
  3球目、真ん中2シームを
   左安打2点タイムリー
   楽天の追撃ムードが
   球場一体になって高まります。
◇銀次 一死一塁
 初球、 甘い真ん中2シームを左安打。
   ここは無警戒すぎましたね。
   もしかしたら、
   失点のショックが尾を引いた
   かもしれませんが。
◇聖沢 一死一二塁
 ベンチからマウンドへコーチらが集まる。
 初球  中の低めカーブを空振り
  2球目、内角低めにカーブがワンバン
  3球目、真ん中カーブをファウル
  4球目、外角低めに2シーム外す
  5球目、外角低め2シーム外す
   6球目、中の低めに落ちるカーブで空三振
◇今江 二死一二塁
 初球、 内角2シーム空振り
  2球目、外角に2シーム外す
  3球目、内角に2シーム外す
  4球目、内角に2シーム外す。バット止める。
  5球目、内角高め2シームをファウル
  6球目、逆球。内角低め2シームを
     良い当たりで左飛
◇ウルフ 立ち上がりを28球
 ウルフ自身、
 今日も球が低いところに
 集められずの傾向。
 でも、メヒアの失策により
 楽天は一気に追撃ムード
 が高まったのが痛かった。
 せっかく自らのバットで
 流れを完全に引き込んでいたのに。
 もったいない。
 早々に引き離さないと、
 この空気に呑まれます。


【2回表】
◇銀
 初球、 外角高めにカーブ外す
  2球目、内角スライダー見逃す
  3球目、外角低めストレートを
    強引に打ってバットの先で遊ゴロ
◇外崎
 初球、 中の高めにスライダー外す
  2球目、内角低めにカーブ外す
  3球目、外角ストレートを見逃す。
     これストライク???
  4球目、外角にフォーク外す
  5球目、中寄りの高めストレートを三直も
    強襲でウイラーの失策に。
     ただ、このウイラーの失策は
    強襲性の当たりだったので
    やむを得なかったでしょう。
    流れを変えるには得点が必須。
◇秋山 一死一塁
 牽制入れる
 初球、 外角低めスライダー見逃し 
  2球目、中寄り内角スライダーをファウル
  3球目、外角低めにストレート外す
 牽制入れる
  4球目、外角高めストレートを中飛
◇源田 二死一塁
 初球、 中の低めスライダー見逃す
  2球目、中寄り外角ススライダーをファウル
  3球目、外角低めにスライダー外す
  4球目、外角ストレートをカット
  5球目、中の低めカーブをカット
  6球目、内角ストレートを右安打
    外角をカットで粘り
    内角を誘って狙い打ち。

◇浅村 二死一二塁
 初球、 中の高めにカーブ外す
  2球目、外角ストレートをファウル
     もったいない。甘く当たりも良かったのに。
  3球目、外角低めフォークを右飛
◇塩見 ここまで50球
 外崎、源田に出塁するが、
 相手は苦しいながらも無失点に抑える。
 流れは均衡状態。
 西武も取り戻していない。
 しかし、このまま得点できないと、
 ホームである楽天に持って行かれる。
 それ故、早く得点してリードが欲しい。
 なお、ベンチに戻った塩見は
 コーチと何か話をしている。


【2回裏】
◇三好
 初球、 内角2シーム見逃す
  2球目、内角に2シーム外す
  3球目、内角2シームをファウル
  4球目、内角低めに2シーム外す
  5球目、真ん中の甘いカーブを左安打
◇嶋 無死一塁 バントの構え
 牽制入れる
 初球、バント成功
◇島内 一死二塁
 初球、 外角2シームを遊ゴロ
   島内は功を焦りましたね。
◇ペゲーロ 二死二塁
 初球、 内角に2シーム外す 
  2球目、中の高め2シームをファウル
  3球目、内角高め2シームを見逃す
     幅広くストライクに判定?
     ここは助かりました。

  4球目、内角低めカーブを
     ハーフスイングで空三振
     ぎりぎり止めた気もしますが、
     VTRでは微妙に前に出てましたから
     見事な判定
でしたね。。


◇ウルフ ここまで39球
 まだ高め傾向は修正できず。
 いつ崩れてもおかしくない状態。
 でも、このイニングは
 島内の初球打ちからの打ち損じ
 ペゲーロの審判の判定に助けられます。
 西武は追加点を奪って
 
この流れをつかみ獲りたいです。


【3回表】
◇おかわり君
 初球、 内角低めにストレート外す
  2球目、真ん中の高めストレートを空振り
  3球目、内角高めストレートを空振り
  4球目、内角ストレートを大ファウル
     振り急ぎましたね。もったいない。
  5球目、外角低めの落ちるカーブで
     お約束の空三振
◇栗山
 初球、 外角ストレートをファウル
  2球目、外角低めにカーブ外す
  3球目、外角低めカーブを一ゴロ
◇メヒア
 初球、 外角高めにカーブ外す
 2球目、外角フォーク見逃す
  3球目、内角高めにストレート外す
  4球目、内角ストレートをファウル
  5球目、外角低めに外すフォークを
    ハーフスイングで空三振。
    VTRではさっきのペゲーロより
    バットが後ろですが、、、

    微妙に出てますかね。。。


◇塩見 ここまで63球
 ストレートで強気に攻めてきます。また内角にも。
 1~2回と違ってストレートなどの球が走ってます。
 さっきコーチに「強気で行け!」とも言われたのか?
 とにかく乗ってきました。
 

【3回裏】
◇岡島
 初球、 真ん中2シーム見逃す
  2球目、内角2シームを右安打
   また先頭が出て追撃ムード高まる。
◇ウイラー 無死一塁
 初球、 外角に2カーブ外す
  2球目、外角低めカーブをハーフスイング
  3球目、真ん中2シームをレフトスタンドに
    
同点2ランを被弾。失投しました。
◇銀次
 初球、 外角低め2シームを投ゴロ
◇聖沢
 初球、 中の低め2シーム見逃す
  2球目、外角カーブを右飛
◇今江 
 初球、 外角低めにカーン分外す
  2球目、中の高め2シームを右飛
◇ウルフ ここまで49球
 高め傾向、甘め傾向が修正できず。
 流れは楽天に完全に傾きます。
 ここは打ち勝って
 流れを取り戻すしか無いです。
 淡泊な攻撃であっさりやられたら終わる。


【4回表】
◇直人
 初球、 内角高めフォーク見逃す
 2球目、外角フォーク外す
  3球目、外角高めフォークを中飛も
    島内が際どくバウンドした?
    直人は一気に二塁へ。
    島内がノーバンで捕球を主張し
    梨田が抗議に。

    でもVTRではワンバンが明白。
    判定も覆らず(当然)。


◇銀 無死二塁で
 初球、 バントの構えもバスターしようと見逃す
  2球目、再びバントの構え。バントを決める。
  これで楽天も動揺中。
  流れを取り戻すチャンスです。
  ここを攻め切れ!!
◇外崎 一死三塁
 初球、 内角低めにカーブ外す。
 2球目、内角高めストレートをサード強襲。
    直人をタッチしようと一塁へ投げられず。
    記録はフィルダースチョイス。
    まあウイラーが一塁へ投げていたら
     ホームも危ないから
    しょうがないプレーでした。
    しかし、西武にとっては、
    流れを取り戻す大チャンス到来。
◇秋山 一死一三塁
 初球、 中の低めフォークを空振り
  2球目、外角高めストレートを二ゴロ
   4→6→3の併殺と大痛手に。
 ◇塩見 ここまで71球
 このチャンスを併殺打により
 無失点は大痛手。
 しかも、それが秋山だったから
 なおさらショックが大きい。
 相手にとっては、
 「一死一三塁で秋山」という大危機
 を凌いだのは勢いをつける大チャンスに。


【4回裏】
◇三好
 初球、 中の高めカーブを見逃す
  2球目、外角カーブを三ゴロ。
◇嶋
 初球、 内角2シームを見逃し
  2球目、内角2シーム右安打。
◇島内
 初球、 内角2シームを見逃し
  2球目、外角低めに2シーム外す
  3球目、内角低めに2シーム外す
  4球目、外角低めに2シーム外す
  5球目、外角低め一杯2シーム見逃す
  6球目、内角低めカーブ
    かすってファウル。惜しい。
  7球目、外角高めにカーブを外し与四球。
◇ペゲーロ 二死一塁
 初球、 内角高めに2シーム外す
  2球目、内角高めに2シーム外す
 牽制入れる
  3球目、内角2シームを空振り
  4球目、外角低めに2シーム外す
  5球目、外角カーブを見逃す
  6球目、内角高め2シームを二ゴロ
◇ウルフ ここまで66球
 まだ低めの制球力が良くなく外している
 カーブでごまかしながら
 タイミングを外してゴロアウトを稼ぎます。


【5回表】
◇源田
 初球、 外角にストレート外す
  2球目、外角低めにスライダー見逃す
  3球目、外角低めにストレート外す
  4球目、内角にフォーク外す
  5球目、外角ストレート見逃す
  6球目、外角低めスライダーを見極め与四球
◇浅村 無死一塁
 初球、 内角高めストレートをファウル
    危ない危ない。
    今のは併殺ゴロアウトのおそれが。
  2球目、中の低めにフォーク外す
  3球目、ど真ん中のフォークを左飛
   甘いんですが、、、芯に当たってません。
◇おかわり君 一死一塁
 嶋が一旦マウンドへ。
 牽制入れる
 初球、 外角高めストレートを流し右安打
     つなぎに徹しました。

◇楽天、マウンドに集まり、塩見はまだ続投。
◇栗山 一死一三塁
 初球、 内角低めにフォークを外す
  2球目、外角高めストレートを流しファウル
  3球目、内角一杯フォーク見逃す
  4球目、内角にフォーク外す。
    フォークを連投してきます。
 一塁へ牽制入れる。塩見、間を取る。
  5球目、外角低めに外れたスライダーを
   遊ゴロから6→4→3の併殺
◇塩見 ここまで87球
 このチャンスを
 再び併殺打で潰す大痛手。
 流れは楽天へさらに傾きます。


【5回裏】
◇岡島
 初球、 外角低めカーブ見逃す。
  2球目、外角高めに2シーム外す
  3球目、外角高めに2シーム外す
  4球目、外角に2シーム外す
  5球目、内角低めに2シーム外し
     先頭を与四球で出塁許す。
◇ウイラー 無死一塁
 初球、 外角に2シーム外す
  2球目、内角2シーム見逃す
  3球目、内角低めに2シーム外す
 牽制入れる。
  4球目、内角低めにカーブを落とし空振り
  5球目、内角低め一杯に
     カーブを決めて空三振。
◇銀次
 初球、 外角に2シーム外す
  2球目、外角低めカーブを見逃す
 牽制入れる。
  3球目、真ん中2シームをファウル
 4球目、外角低め2シームをファウル
 牽制入れる。
  5球目、外角低めカーブを
    センター前に落として安打
    
ポテンヒット狙いの上手い打法。
◇聖沢 一死一二塁
 初球、 外角2シーム見逃す
  2球目、外角高め2シーム見逃す
  3球目、外角2シームを遊ゴロ
     浅村は一塁へ投げられず
     二塁で刺すのがやっと。

◇今江 二死一三塁
 初球、 内角に2シーム外す
  2球目、内角低めに2シーム外す
  3球目、外角高め2シームをファウル
  4球目、真ん中カーブを空振り
 牽制入れる。
  5球目、外角カーブを三ゴロ
◇ウルフ ここまで89球
 ベテランらしくカーブを駆使しながらも、
 ピンチをここも何とか凌ぐ。

 楽天も勝ち越し点を得られず
 ストレス溜める展開??
 ただ、球場の雰囲気も含めて
 流れはまだ楽天にある。
 流れを取り戻すには、
 いち早く得点を奪うことが必須。


【6回表】
◇2番手に久保を投入。
 久保は楽天に拾ってもらって
 今年は中継ぎで活躍中。
 ただし、この交代は
 流れを左右する潮目になるはず。

 流れを自分の方へ引き込むことができるか?
◇メヒア
 初球、 外角に外すスライダーを空振り
  2球目、外角高めスライダーを見逃す
  3球目、中の低めフォークで空三振
直人に代わって代打・水口
 初球、 外角低めフォークを見逃す
  2球目、外角高めにフォークを外す
  3球目、外角にフォークを外す
  4球目、高めを中飛
  水口の代打は問題無いけど、
  当たっている直人を下げるのが早すぎ。
  代打を出すなら銀の打席で
  裏からの捕手には岡田じゃないの?
◇銀
 初球、 内角ストレートを見逃す
  2球目、外角低めフォークを空振り
  3球目、中の低めフォークで空三振
◇久保 フォークに翻弄されます。
 先頭のメヒアは三振でも三球は痛い。
 直人を下げるのは早いでしょ。
 水口で代打なら銀の所です。
 このあっさり三者凡退は
 楽天に流れを与えるきっかけに。
 次の裏をきっちり抑えないと。


【6回裏】
◇こちらも2番手に大石を投入。
◇三好
 初球、 中の高めストレートを空振り
  2球目、真ん中ストレートを中飛
◇嶋
 初球、 内角高めにスライダー外す
  2球目、真ん中ストレートを見逃す
  3球目、内角高めにストレート外す
  4球目、真ん中のやや低めストレートが
     当たりすぎ右飛
◇島内
 初球、 真ん中ストレートを見逃す
  2球目、内角低めストレートを見逃す
  3球目、外角低めストレートをファウル
  4球目、フォークが手前でワンバン
  5球目、内角フォークを投ゴロ
◇大石 
 危なげなく三者凡退。お見事。
 楽天に傾く流れを踏ん張って引き留めます。


【7回表】
◇3番手福山が登板。
 腐ったモノを食べて精神を鍛え(?)
 35イニング無失点。
◇外崎
 初球、 外角低め一杯に決めるスライダー見逃す
  2球目、真ん中から外へ流れるシュートをファウル
  3球目、外角スライダーで空三振
◇秋山
 初球、 中の低めシュートを空振り
  2球目、外角低めにシュートを外す
  3球目、外角低めシュートをファウル
  4球目、外角低めにシュート外す
  5球目、内角から真ん中に入る
     シュートを右安打
◇源田 一死一塁
 牽制入れる
 初球、 外角高めにシュート外す
 牽制の振り。
  2球目、真ん中シュートを
     打ち返し中安打
◇浅村 一死一二塁
 初球、 中寄り内角シュートを見逃し
  2球目、外角高めにストレート外す
  3球目、外角スライダーを流し右安打
   三連打で満塁チャンス
   を築きます。
◇おかわり君 一死満塁
 今江がマウンドへ。
 初球、 内角シュートを
   遊ゴロから6→4→3の併殺打
   完全に打たされて、
   大チャンスを併殺打で再々潰します。

   この満塁ゲッツーは
   福山の2シーム系シュートが、
   あっ、真ん中に来たと思って振ったら
   手元で中に入り、引っかけて遊ゴロ併殺。
   早い話、調子のいいウルフで源田ゴロ
   の逆パターン。
◇福山
 この3度目のゲッツー祭りで
 流れは完全に楽天の手中に!
 西武は完全に流れを喪失。
 ここで今日の試合は決しました。

 上位相手に3併殺で勝てるほど甘くありません。
 福山はこのピンチでも無失点で
 連続無失点記録伸ばす。

 やっぱり腐ったモノを食べて
 わざと腹を壊して精神力を鍛えて

 成長したということですかね???
 西武の選手もメンタルを鍛えましょう。


【7回裏】
◇3番手に武隈が登板。
◇ペゲーロ
 初球、 内角高めにストレート抜ける
  2球目、中の高めストレートを空振り
  3球目、内角ストレートをファウル
  4球目、外角にスライダー外す
  5球目、内角に外すストレートを
    止めたバットに当ててファウル
  6球目、内角高めストレートをファウル
  7球目、内角低めにチェンジアップ外す
  8球目、中の低めストレートを右安打
  ここは変化球で攻めないと。
  ペゲーロはストレートに合わせようと

  していたのはバレバレなんだから。
◇岡島 無死一塁
 牽制入れる
 初球、 バントの構え。内角高めにすっぽ抜けて
     銀が何とか止める。
  2球目、バントも低めにストレート外す
  3球目、真ん中低めのストレートをバント
   打球が武隈の前に。。
   武隈が好判断により二塁で刺す。
◇ウイラー 一死一塁
 初球、 内角低めストレートを見逃し
  2球目、外角にストレート外す
  3球目、外角低め一杯のチェンジアップ見逃し
  4球目、外角低めにチェンジアップ外す
  5球目、真ん中ストレートを右安打。
   ここはカウントに余裕がまだあるんだから、
   中の低めにチェンジアップを投げて欲しかった。
◇銀次 一死一三塁
 初球、 中の高めに甘く入るストレートを
   打ち返されて中安打の勝ち越しタイムリー
   1回裏と同様に同じ相手に
   無警戒すぎる初球でした。

   同じ相手にいつもやられる
   というのは、
   こういう学習しない
   ところ一因になってそうですね。
◇聖沢 一死一二塁
 初球、 中の高めストレートを空振り
  2球目、外角高めに大きくすっぽ抜け
  3球目、外角低めスライダーを空振り
  4球目、中の低めスライダーをファウル
  5球目、内角高めストレートを大ファウル
     危ない危ない。甘すぎる。

   6球目、内角ストレートで空三振
◇今江 二死一二塁
 初球、 中の低めチェンジアップをファウル
  2球目、中の低めストレートを右安打
  もう楽天はイケイケ状態。
◇二死満塁で代打アマダー 
 西武は武隈から平井にスイッチ。
 平井にとってはこの緊迫感のある場面で試金石。
 勝ちパターンへ昇格できるか。

◇アマダー
 初球 外角低めスライダーを三ゴロ
ついに勝ち越しを許します。
 もう楽天は「イケイケ」ムード。
 事実上、The Endのイニングに。


【8回表】
◇楽天はハーマンが登板
◇栗山
 初球、 ど真ん中Nカーブを見逃す
  2球目、中の低めNカーブをファウル
  3球目、内角低めカーブをファウル
  4球目、内角低めにストレート外す
  5球目、外角Nカーブを投ゴロ
◇メヒア
 初球、 外角低めに外すNカーブで
     ハーフスイング。
  2球目、内角高めストレートを空振り
  3球目、高めにストレート外す。釣り球。
   メヒアがサングラスを外す。
  4球目、外角にNカーブがワンバン
  5球目、外角低めにストレート外す
  6球目、真ん中ストレートをファウル
  7球目、外角低め一杯のNカーブを見三振
◇水口
 初球、 内角低めストレートを見逃し
  2球目、内角高めストレートを右二塁打
◇代打・山川 二死二塁
 初球、 内角高めにストレート外す
  2球目、真ん中ストレートを見逃す
  3球目、真ん中Nカーブを思い切り空振り
  4球目、内角高めストレートを大ファウル
   
功を焦り振り急ぎました。
  5球目、外角に外すストレートをファウル
  6球目、中の高めカーブを三ゴロ
水口がチャンスを作る
 もう楽天の勢いは止まらない。
 昨日のHRにより打つ気満々の山川は
 ストレートで慣らされて、最後は
 計算通りのカーブでタイミング狂わされます。
 4球目がもったいなかったですね。
 でも、昨日の打席と比べて欲が出ましたね。


【8回裏】
◇平井続投
◇嶋
 初球、いきなり与死球。左肘にぶつける。
  でも嶋はいきなり立ち上がって
  一塁へダッシュして塁上で笑っている。
  カバーの所で痛みは無かった模様。
  嬉しい死球を与えてしまう。 
◇無死一塁で野田が登板
◇島内 
 牽制入れる
 初球でバント成功
◇ペゲーロ 一死二塁
 初球、 外角高めストレートを中安打
  ここも無警戒な初球。
  ここは敬遠気味から一塁を埋めても
  いい場面なのに。。。
  もう1点失えば300%致命傷になるだけに
  強引に勝負しに行く場面ではありませんでした。
◇岡島 一死一三塁
 初球、 外角低めストレート見逃す
  2球目、外角低めにストレート外す
    ペゲーロが二盗。岡田は投げる振りのみ。
  3球目、内角2シームをファウル
  4球目、外角低めにストレート外す
  5球目、中の低めスライダーを投ゴロで
    三塁走者の嶋を野田自身で刺す。

◇ウイラー 二死一二塁
 初球、 外角2シーム見逃す
  2球目、外角2シームを右安打も、
   ウイラー遅すぎライトゴロ?!
   ウイラーは油断して遅れました。
 ◇もう楽天の勢いには手がつけられぬ状況。
 楽天の方は、ライトゴロなんて
 ふざけたお笑いプレーをしても
 西武には勝てる余裕
 見せた場面でした。


【9回表】
松井が登板し、3・2・1と
 楽天勝利のカウントダウン。
◇外崎
 初球、 外角低めストレートを見逃す
  2球目、外角チェンジアップを空振り
  3球目、外角低めにチェンジアップ外す
  4球目、外角低めにチェンジアップ外す
   5球目、外角チェンジアップで空三振
  先ほどライトゴロでウイラーを刺して
  気分がいい外崎全く手が出ず。  
◇秋山
 初球、 中の高めにストレートが抜ける
  2球目、外角低めにストレートがワンバン
  3球目、外角低めストレートを見逃す
  4球目、同じ外角低めストレートを見逃す
  5球目、外角低めストレートをファウル
  6球目、外角低めにストレート際どく外す
  7球目、外角低めストレートをファウル
   5球同じ球を続けられるが、
   ファウルスのもやっと。。。
  8球目、内角ストレートで空三振
◇源田
 初球、 ど真ん中ストレートをファウル
  2球目、外角低めストレートを空振り
  3球目、中の高め縦スラをファウル
  4球目、外角低めにストレート外す
  5球目、外角低め一杯にストレートを決め見三振


◇松井の三者連続三振で試合終了。


-------------------
結果については
西4-5楽西武の完敗


このゲームを数字上で見れば
◇得点は1点差
◇西武10安打、楽天12安打
◇本塁打は双方で1本ずつ
 西武は3ラン、楽天は2ラン
◇失策は双方で1個ずつ
◇与四死球は西武が3個、楽天が2個
◇三振は西武が9個、楽天が5個


あと1本が・・・
一見「惜しかったね」の展開に見えます。
楽天の梨田監督も
「苦しい展開だった。4点取られて、
 ピンチも何度もあって絶体絶命だったけど、」
と述べておりますが、


今日の試合は、
我がライオンズと
優勝争いをするチームの
実力差が雲泥の差であること
見せつけられた試合になりました。


ハンデを頂きながらも
楽天サイドの意図通りに

ちゃっかり負けてしまう醜態。


これで楽天は、岸を温存しながら、
西武にしっかりと余裕を持って勝ち越し
来週の鷹との直接対決に堂々と挑む
ことができます。


今回は、楽天から見れば、
鷹戦を重視して岸温存。
 西武には4~5番手先発で十分。
 (休養開けの塩見で十分)
塩見の立ち上がりが今一つ
 上記①のハンデ効果を活かして 
 初回に4点も奪うことができ、
 本来なら西武の勝ちゲームの展開。
 でも、要所を抑えておけば
 西武が勝手に自滅(3併殺)して
 (昨日は守備で自滅、今日は攻撃で自滅)
 楽々助けてもらいながら逆転。


 楽天から見れば
 最初の4点は単なるハンデであり、
 ・高レベルの戦いを強いられる
  鷹戦へのいい練習台に。
  「苦しい展開での対応力を
   鍛錬する実戦練習に!」
 ・おまけに、満員御礼のお客さん達に
  大いに楽しんでもらうドラマを演出
  一番盛り上がる展開に。。。
  「楽天ファンの皆様、
   ハラハラドキドキ、
     大いに楽しんで頂けましたか?」
 という感じになりました。


無理して3連勝は狙わずとも
 休ませながらも
 2勝1敗の勝ち越しラインを
 確保しつつ長く戦う戦略

 着実に遂行。
 
 西武戦に関して、
 雄星の試合は、半分捨てても、
 嶋らを休ませながらこなし、
 土日で確実に勝ち越す
 余裕の楽天。

 このパターンで
 西武は3度もやられております。


早い話、首位の楽天さんは、
西武に対して、余裕をぶっこきながらも
土日パターンで3連続カード勝ち越し
をしっかりと遂行している
ということです。

余裕に3連続でやられているということが
現時点では、雲泥の実力差があるという証です。


昨年まで大差なかった楽天が
何故、今年はこんなに強いのか?
確かに、
岸や新外国人、ルーキー等の
補強が大きな要因になっている点もあります。
しかし、美馬、辛島、松井、茂木、銀次、岡島、
島内、藤田、聖沢などの既存戦力の戦力アップ、
若手の成長と中堅・ベテランの復活も
大きな要因にもなっています。


既存戦力の戦力アップに関しては、
各選手らの技術力up、意識改善などのほか
首脳陣の使い方など、様々な面が左右します。
西武自身も、辻監督に代わり、
発展途上であることは確かですが、
楽天と比べれば、その向上速度が遅いです。
一夜にして成し遂げることができる話ではないですが、
せめて晩夏(遅くともCS)までには、
互角に戦うことができるよう向上して欲しいですね。


----------------
さて、今日の試合においては、
まず先発のウルフ
最近の試合と同様に
球(2シーム)を低めに
集めることができず

結局、4点を失いました。

確かに、
1回裏のメヒアの失策が
大きく響きましたが、
ウルフ自身が復調して無く、
カーブを駆使しながら
ごまかしごまかし投げていくという
苦しい展開を強いられていました。


やはり疲れが蓄積しているのか?
原因はわかりませんが、
とりあえず、球宴を挟むことから
若干の休養を得ることができます。
当面の日程を見ると、
今月の残る日曜日が
休→日→ロとなるので、
ハム、ロッテ戦なら
ウルフ以外で対応し、
ウルフには休んでもらい、
8/6(日)の
ソフバン戦(所沢)から復帰
させてもいいかもしれません。

ただし、
ファイフなど次第でもありますが。



-------------------
そして、今日の最大のポイントは、
誰の目から見てもわかるとおり、
ゲッツー祭りで
わっしょい・わっしょい・わっしょい

となったことでしょうね。


野球は9回まで行うゲームです。
(延長戦無ければ)
その9回のうち3回も併殺打
優勝争いをしている上位を相手に
そんな戦い方では決して勝てません。

まあBクラスチックな試合なら
勝てるかもしれませんが、、、


今日の一戦は、勝ち越しを賭けて
内容より結果が求められる
重要な一戦でしたが、
結局、今日の試合は、
優勝争いという観点からなら、
下の下の内容、下の下の結果
でおわりましたね。


-----------------------
【辻監督の試合後コメント(抜粋)】
チャンスは作ったけど、3度の併殺打が痛かった。
もう少し、工夫ができるところがあったけどね。


 今日はウィーラーにやられたね。
 本塁打もあったが、時には決めようとせず、
しっかりとつなぐバッティングをしていた。
 我々も見習いたい。
*****後 略*****
 -----------------------


>もう少し、
>工夫ができるところがあったけどね。


ウイラーの話を含めても
西武側では何も作戦が無かった
選手任せだったことが推察されます。


ここは選手任せでは
いつまで経っても変わりません。
首脳陣も対策をきっちり練って
具体的にわかりやすく伝え、
それを選手らに浸透させ、
きちんと実行させることが必須です。

この課題は、
昨年から引き続く懸案事項です。
昨年と同様に、
選手任せ(放任主義)で
追い込まれる前までに「好球必打」作戦、

(勝手に良い球が来たら「打て!」)
首脳陣による具体的な対策が無いこと
(「バットでGo!Go!」のみの)
が要因となっていると思われ、その結果
未だに改善できていない課題になっている
と考えられます。



【追伸】昨年も掲げたけど、
今日も「ゲッツ3連発」