下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

7/11ロッテ12回戦(inMLD)何があったライオンズ。明日にとっておきたいほどの大暴れで完勝。鷲鷹がつぶしあっている中、明日は確実に三連勝を決めたい。でも明日はファイフと心中するつもり?首脳陣のリスク意識は薄すぎでは?

今日、家に帰り着いた頃には
浅村と銀のお立ち台の最中でした。


残念ながら、
試合を観ることができませんでしたが、
えっ?17安打15得点で完勝!!
明日にとっておきたいくらい
猛攻だったみたいですね。


苦手になりつつあった二木に対して
2回7失点(被安打7、被本塁打2)で
早々に轟沈させたようですね。


二木が調子悪かったの?
そのあたりはわからないのですが、
初回裏に秋山、源田が倒れた次に
浅村が落差のあるカーブを捕らえて
ジャストミートして
ラストスタンドへ先制ソロ弾!


2回表中村ソロ弾により
(おかわりじゃないです。)
同点に追いつかれた直後の
2回裏は、栗山、山川、外崎と
高め球をきっちり打ち込み、
銀は外角に沈むフォークを上手く打ち、
4連打で2点をきっちり勝ち越し。
それだけで終わらず、
二死一三塁から源田が
内角低めの楽じゃない直球を
右二塁打タイムリー!
さらに、次の浅村が
低め直球をジャストミートして
レフトスタンドへ3ラン弾!


とにかく、二木については、
タイミングが狂わされやすい
二段モーションのフォームが武器ですが、
今日はそれを克服して、
二木投球にタイミングをきっちり合わせて
打破することができましたね。
しかも、浅村は右に、左に打ち分けており、
二木のタイミングを完全に捕らえました。

今日の成果は
今後の二木攻略にも明るい展望となり、
もう一度、攻め切ることができれば、
「天敵リスト」から外せるか?


二木以降のロッテ投手陣は、
高野、東條、宮崎と並びます。
こう言っては申し訳ありませんが、
正直、格下感を否めなく、
あとは1.5~2軍クラスを相手に
手がつけられないフルボッコ。
おまけに、
水口がレフト・初デビュー
もうやりたい放題。


(浅村・ヒロイン抜粋)
ぼく以外にもみんな打っていたので、
今日の勝ちはみんなでつなぎ、
つかみ取った勝ち
だと思います。


(銀・ヒロイン抜粋)
「チームの16得点というのは、
 両リーグ通じて最多得点です!」の問いに対して、
それはみんなでつないで
打った結果
だと思います。


打線は先発全員で安打・得点・・・
あっ、失礼。。。忘れておりました。
今日は4番さまさまが
お一人様の4タコでした。。。

しかも、1~3回全てが
おかわり君で打ち止め。。。
厳しいですね。。。。


ネットで見たときに
「2回表 中村ソロ」とあったので
一瞬、おっ!と思いきや、
ロッテの中村じゃないですか・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、先発の野上については、
80球を超えた6回表に捕まりましたね。
ドームの雰囲気はわかりませんが、
おそらく蒸し暑かったでしょうからね。
まあ、球宴中のお休みで
疲れを癒やしてください。
前半戦、お疲れ様でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、今日は完勝しており、
それほど突っ込みどころは少ないですが、
首脳陣の『2番手・岡本洋介』
の采配だけはいただけません。


その不満については、
鷲鷹を見据えて今の西武の立ち位置を鑑みると、
このロッテ戦カードは三連勝が必須の立場
ということを見据えての話です。


現在、鷲鷹は互いにつぶし合う天王山であり、
今日は鷲が逆転勝ちしたそうですが、
西武がロッテに三連勝すれば、
明日、鷹が鷲に勝てば、
鷲、鷹の双方に1.5ゲーム差を縮め、
鷲が鷹に連勝すれば、
鷲には0.5ゲーム差しか縮められませんが、
鷹には2.5ゲーム差を縮めることができます。


たかが1.5、2.5ゲーム差とはいえ、
されど1.5、2.5ゲーム差です。
前回の負け越しで広がった分を
チャラにできますからね。
(ただ実際に負けているから本当のチャラにはなりませんが)


おまけに、追いかけてくる牛は
吉田正が帰ってきて、
ロッテ、日ハム相手に4連勝中ですからね。
まあ明日は、金子vs大谷だから
牛さんもハム三連勝は簡単ではないでしょうが。


それ故、西武にとって、明日のロッテ戦は
三連勝を決める詰めとなる重要な一戦です。

ところで、
明日の先発は新外国人ファイフです。
まあ、後半戦を占う上では、
ファイフの実力を見極める必要があるため、
このファイフ先発はやむを得ない判断です。


もちろんファイフが明日をしっかり抑えれば
問題は全く無く、今後への期待が膨らみます。
でも、前回の投球を見る限り、現時点では、
期待より不安が大きく、とにかく、
投げてみないとわからない状態です。
それ故、
ファイフの早期KOというリスクは残ります。
そのとき、
どうするのか?
試合を捨てるのか?
三連勝は諦めるのか?


本来なら先発=洋介でもいいローテでしたから、
てっきり、ファイフに何かあったときに備え、
洋介は第二先発でブルペン待機
と思っておりました。
そしたら、今日は野上の後の7回から
洋介が2番手で登板し、
3イニング46球を投げたので、
明日の出番はほぼ無しです。
おまけに、今日の登板は、
今更、試される場面ではなく、
所詮、消化イニングですから、
やる気(テンション)というか、
気合も入りにくく、

いきなり打たれてもやむを得ません。


でも今日の大差リードの展開では、
延長戦は考えにくいので、
残り3イニングは
野田ら3名で1イニングずつこなせばいいはず。
逆を言えば、
野田ら3名の中継ぎ陣は、
なるべくイニング跨ぎをさせたくなく、
その場合、当たり前ですが、
3名で投げることができるのは最大3回。


確かに、明後日以降は休めるので
一見、イニング跨ぎしてもいいでしょ、
とも思えますが、
イニングを跨ぐと言うことは
中継ぎに大切な集中力が一旦途切れますから、
正直、イニング跨ぎは避けたいところ。


しかし、
最近、先発ローテ入りしている洋介は、
第二先発でも、最低限5回は見込めます。
(今日3回投げたので明日2回行けるは愚行です)
それ故、今日の7~9回の3イニングでは、
野田ら中継ぎ陣3名に各1イニングを任せ、
もし、明日のファイフが早期KOされたら
試合を壊さず、三連勝を見据えるために、
洋介に最低5イニング
引き継いでもらう采配
が考えられます。


当然、洋介が第二先発で待機していれば、
ファイフの状況を見極めつつ、
試合を壊す前に交代させることができ、
今日の二木のように、
ファイフが序盤から崩されても、
洋介登板以降に試合を建て直すこと
が見込めます。


しかし、
今日の洋介の登板で明日の洋介は厳しく、
明日、ファイフがやばくなったら、
中継ぎ陣を1イニングずつ細かく継投するか、
平井らをイニング跨ぎさせるか、
が必要になります。
あとは牧田がロングをできますが、
球宴も控えていますからね。
ロングをやらせたら死にます。

もし、今日の二木のように、
ファイフが序盤から崩されたら
もう投手の駒不足となり、
敗走ムードが濃厚になります。


あとは、洋介を抹消して、
先発できるタイプを2軍から上げる

という策が考えられますけど、
洋介以上の投手を
上げることができるのか?
が疑問であり、
その策では、
第二先発の戦力ダウン
が懸念されます。


首脳陣は
ファイフKOのリスクに対する対応を
どう考えているのか?に疑義が。。。


今日の洋介登板の采配を見る限り、
正直、首脳陣においては
リスク意識が薄すぎるのでは?
という疑問を感じざるを得ません。


三連勝を決める詰めの明日を
ファイフと心中すること
になりそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、
明日のロッテの先発は2年目の関谷
今年はオリックス相手の1戦のみ。

そのオリ戦では、
打線の援護がなく負けますが、
6回2/3で失点・自責点が2点とQS達成。


今年の西武戦は無いので、
昨年の西武戦成績を見ると、
4試合登板し、
7/6に5回で3失点・自責点
8/20に4回で5失点、3自責点
9/3に7回で5失点・自責点
9/9に4回2/3で6失点、5自責点と
合計が20回2/3を16自責点で防御率6.97
昨年の状態なら、怖くはありません。


正直、今年の関谷は知りませんので、
そこで、関谷の球種を見ると、
<( )書きは昨年>
ストレート 約42%(約52%)
シュート  約  9%(約0%)
スライダー 約25%(約14%)
チェンジUP  約15%(約23%)
カーブ   約  9%(約11%)
©データで楽しむプロ野球さんの
ホームページを参考より


昨年との違いを見ると、

右打者(被打率0.313)が
左打者(被打率0.271)より苦手のようで、
右打者対策でシュートをオフに覚えています。
闇雲に攻めたら、
ゴロアウトの城を築く
おそれが懸念
されます。


そして、もう一つは
チェンジアップの比率が高まってます。
関谷のチェンジアップは、
落差の大きい
ので
引っ掛けたり、空振りしたり
ハマると厄介になります。


しっかりと打ち込んでください。


もし、明日、敗れることがあれば、
ロッテ戦のカードは勝ち越すとはいえ、
2勝1敗で貯金はわずかに1つ。
リーグ戦再開からは借金1つ(7勝8敗)。
上位の鷲鷹との差も縮まるのが僅か。
カードを2勝1敗で終えるのと、
カードを3連勝で終えるのでは
だいぶ違います。
明日はきっちり勝って前半戦を締め、
三連勝を確実に決めてほしいです。