下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

①補強期間終了・・・やっぱりね。 ②過酷な正念場(鷲・鷹戦)Week開戦

①補強期間終了
7月も終わり8月に突入し、
これをもって補強期間が終了しました。
終了直前の球界では、
ちょっと驚くようなトレードがありました。


他所様の話題になりますが、
「日ハム谷元が中日へ金銭トレード」です。

谷元電撃トレード 
日本ハム側が中日に打診し実現
7/31(月) 15:18配信

  日本ハムがトレード期限当日の31日朝、右の中継ぎエース・谷元圭介投手(32)の中日への電撃トレードを発表した。
  谷元は昨年まで3年連続50試合以上に登板。
今季もここまで36試合に登板し0勝2敗1セーブ、21ホールド、防御率3・31をマーク。昨年の広島との日本シリーズでは、胴上げ投手の栄誉にあずかるなどここ数年、日本ハムブルペンを支えてきた陰の功労者だ。
  
その谷元を球団は金銭トレードで放出した。中日側の反応によれば「話は日本ハムから持ちかけられたもの」(関係者)で、最初は交換要員の話し合いがもたれていたようだが、折り合わず金銭で決着。そもそも日本ハム側の放出ありきのトレードだったようだ。
  6月21日に
FA権を取得したとはいえ、球団はなぜ急いで中継ぎエースを放出しなければならなかったのか。そこにはおそらく3年目で台頭してきた石川直也投手(21)、2年目の田中豊樹投手(23)、ドラフト8位ルーキー・玉井大翔投手(25)らの育成に大きくかじを切った球団の決断があるのだろう。
  31日のソフトバンク戦(東京ドーム)を含め、
今季残り51試合を優先的に彼らの育成に使い、来季以降の戦力とするためのトレードと考えられる。
  その出場機会を確保するためには、同じポジションの谷元の登板機会を削るしかなかったと考えるのが妥当だろう。米国では当然の考え方だが、ファンの気持ちを置き去りにするドラスチックな日本ハム式はいつもあつれきを生む。
  何より「正直、驚いています。気持ちを整理するのは難しいですが、必要とされて移籍するからには頑張るしかないと思います」と自分の身に起こった現実を殊勝に受け入れようとしている谷元が、やはり球団方針の“被害者”としか思えない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際に放出となった背景はわかりません。
シーズン途中で中継ぎの一角を放出する
というのは、普通は考えられません。
うちで言えば、
武隈あたりを急に放出みたいな感じですからね。


よくわかってませんが、
FA宣言されても、損しかないCランク?
それなら、タダ同然で放出するよりは、
少しでも金銭の入る途中放出した方がお得ですが、
日ハムさん、そんなに困っているの?
実際にオフになって
FA宣言して出て行くかはわからないし、
シーズン途中の中継ぎ一角の放出は
戦力ダウンであることに間違いはありません。


しかも、先日、外国人とはいえ、
中継ぎのエスコバーを出しましたしね。


しかし、日ハムさんは、
栗山監督の継続が決まっており、
ファンには申し訳ないでしょうが、
今年よりも来年に視野を向けている
すなわち、
もう今年は順位を早々と諦め、
後半戦は育成モードに入り、
来年の捲土重来に賭けているのでしょうね。


先日の西武戦では、
中継ぎの白村若手の上原
先発に使ってきました。
先発が足りないのかもしれないけど、
白村を先発で使うというのは、
育成モードに入っている証です。


昨年の西武は、
捕手・森の育成経験積みは熱心にやりましたが、
Bクラスがほぼ決まった球宴前後の7月には
まだ育成モードに入る勇気はありませんでした。
しかし、今年の日ハムは
あっさりと割り切って
育成モードに突入させた
あたりが
来年の日ハムは脅威になる
と思います。


元々、日ハムの場合、
限られた予算内での運営せざるを得ないため、
中堅から若手への新陳代謝を活発に促し、
チーム力の向上を図ってきました。
それ故、主力選手でも
FA流出もやむを得ないという考え
を有しています。


それを考えると、
トレ対象の本人には非情な話ですが、
谷元の放出は納得がいきます。


このような
日ハムの育成に関する考え方は、
ある意味、FA流出の多い西武も
見習ってもいい部分がある
ように思えます。


で、今年を犠牲にして
来年に賭けた日ハム。

来年の日ハムは
かなり脅威になりそうです。
ただし、今年がもう育成モードなら、
残り9戦の白星は
全て頂戴しないとダメです。

奪えるところからは全て奪う
が勝負の世界では必要です。
日ハム戦では、残る貯金9を
確実に全て奪うよう努めてほしいです。
ただ、復活してきた大谷とは
当たりたくないですが。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、西武の方は、
ファイフの招聘でピリオドになりました。
やっぱりね、、、という結末です。
※補強とは言い難がたいので
 招聘と言います。


正直、ファイフの加入により、
先発投手の駒不足問題が解消した
とは言い難いのが現状であり、
もっと補強に力を注いでほしかったです。
しかし、補強期間は終了したので、
残るシーズンは今の戦力で
戦うほかありません。


ファイフに関しては、
とりあえず下位チームを相手に
投げさせて5回維持できれば御の字です。


さて、8月においては、
暑い季節の中で週6連戦がずっと続き、
鷲・鷹の尾っぽが見えてきている今は、
チーム内上位の先発陣6人を
なかなか休ませずらいですが、
2~3週目の週後半は
比較的楽なカードの日程ですから、
そこで疲れやすいウルフの代わりに、
ファイフなどを費やしてもいいと思います。


例えば、ウルフを
8/6ソフバン戦で先発翌日に抹消し、
8/13ロッテ戦、8/20ハム戦で
ファイフや他の投手を登板させる。
その後、十亀や岡本洋の働き次第ですが、
8/22~24のソフバン戦で復帰させ、
次週の楽天戦にも投入する
などが考えられます。
そのときには、十亀か、岡本洋を
8/25~27のオリ戦へ投入すること
になるでしょう。


でも、雄星くんは、
浮き砲台になって最後の最後まで
踏ん張ってもらわないとなりませんが。


ところで、ライオンズは、
今年もトレードがありませんでした。


既に31歳と
崖っぷちな年齢にある坂田
2軍でガンガンに打っており、
1軍でもある程度の成績を残せる実力
を備えていますが、
今の西武に坂田の出番が無く、
現在の坂田は生殺し状態です。
球団はどうするつもりなんでしょう?
①来年も万年2軍で大活躍するのか?
②年齢的に見てリリースするのか?
オフのトレード対象にするのか?


まだ③で行くならまだ浮かばれるかも?
でも、今度のオフだと
さらに年を取りますからね。
正直、長打タイプを好む他チームと
坂田~先発投手(ロング可能もOK)の
トレードをした方が有意義
という気もするのですが、、、


まあ、実は動いていて、
交渉がまとまらなかった
かもしれませんが。。。
さすがに谷元のように
金銭での放出をしている余裕は
無いですからね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
②過酷な正念場
 (鷲・鷹戦)Week開戦


9連勝を果たした炎獅子軍団ですが、
明日からは強敵の上位・鷲、鷹を
迎え撃つ過酷な戦いが始まります。


今月は鷲戦、鷹戦で15ゲームもあり、
その結果次第で、
上位に肉薄するかもしれないし、
CS出場権が危うくなるかもしれない。
それだけに今月の鷲戦、鷹戦は重要であり、
まずは今週の鷲・鷹戦Weekが正念場です。


明日の先発予告は、
こちらが十亀であり、楽天が辛島でした。
楽天サイドから見れば、
今の連勝中の西武は勢いが脅威になるので、
カード頭を取られるとさらに勢いがつく
おそれがあるから、
しかも、西武のカード頭は
手が出にくい雄星ではなく、
隙はいくらでもある十亀だから、
てっきり、
カード頭を確実に獲りに来るために、
中5日で則本をぶつけてくるか?
と思っていました。
しかし、楽天サイドは、
前回7/7にやられた辛島を投入し、
中6日ローテを重視してきました。


正直、7/7の辛島を見る限り、
怖さはあまり感じられません。
今の勢いを持って
序盤から一気に打ち崩して援護し、
十亀を楽に投げさせる環境を
早々と作ってあげたい
ですね。
ただし、辛島は
ホームの仙台以外では7勝1敗らしく、
4月の大宮戦では抑えられています。


でも、
辛島相手で打てないようでは、
鷲軍団には話になりませんから、
当然のように打ち崩してください。
とにかく、明日の課題は
暴れん坊の月間MVP男・十亀の投球です。
投げてみないとわからないですから。


こうなると則本が水曜日の2戦目で、
岸が木曜日の3戦目が濃厚と考えられます。
3週目の週後半8/18~20がソフバン戦なので、
状況に応じて、岸を金曜日に回せるよう
当面、岸は木曜日を基本として使われる
と思います。


となると、やはり木曜日には、
雄星vs岸の対決が実現するかも?


ただ、今まで楽天は雄星の試合は捨てて
カード2勝1敗の勝ち越しを果たし続けてきました。
今月は火~木曜日の西武vs楽天カード
3週もあります。もしかしたら、
岸を雄星のところでぶつけず、
岸を金曜日にずらして、楽な相手で
確実に白星を稼ぐ方針でくるかもしれません。


どうなるでしょうか?
とにかく、是非とも、
連敗を喫している雪辱を晴らすためにも
うちのエース雄星で
岸を負かすゲームが観たいです。
雄星ならそれが可能ですから。
雄星には真っ向勝負で
「俺が獅子のエースだ!」という気迫
前エースを撃沈しましょう
それが恩返しです。
それ故、逃げずに雄星戦に
登板して欲しいですね。
(もし逆に雄星がやられたら
 しゃれになりませんが・・・)