下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

8/8オリックス15回戦(in京セラ)先週末の決戦で息が抜けたのか。獅子&鷹ともに大敗の一日。まあ連敗せず勝ち越すことが大事。ただ今日の獅子・牛の双方で演じたBクラス野球は反省材料が多々ありそう。

炎獅子祭り今日から相手が二巡目に。
ただし、今週は京セラ、ZOZOと敵地6戦/週。


さて、今日の京セラのオリックス戦。
出張で見ることができず、
新幹線の中で1球速報をみていましたが、、、


結果はオ12-6西の完敗


ちなみに、
今日はソフバンがZOZOでロッテ戦だったらしく、
鷹も一時反撃を見せるも、ソ8-17ロの完敗。
今年のロッテのイベント中の色は赤色らしく、
今日のロッテは赤色ユニの日
赤ユニが強さをもたらすのか?
そんなことはどうでもいいのですが、
今日は鷹が敗れて、鷲がお休みだったので、
炎獅子が勝っていれば、
上位ゲーム差が5未満(鷹4.5、鷲3.5)に
縮んでいた
のですが、、、
もったいないですね。。。


ただし、気になるのは、
鷹軍団も先週末まで9連戦で、
その最後が勢いのある炎獅子との死闘。
炎獅子軍団も先週は
上位の鷲、鷹との緊迫感のある激闘。
双方、激戦を繰り広げた先週の疲れから
中1日挟んで気が抜けたのか???
特に西武の方は、
炎獅子祭り一巡目で14勝1敗で乗り切ったので、
ある意味、やりきった感があると思います故、
やりきった感から気が抜けたのか?


WBCなどもそうですが、
ある特別モードに入ると、アドレナリンが出まくり、
ある意味で、緊張感からの興奮度が高まるので、
それが一息つくと、
どっと疲れが出るみたいな、気が抜けてしまうみたいな
ことって多々あります。


正直、今日の敗戦は、
序盤から流れをつかみ獲れず、
点を取ったらそれ以上に取られるという内容。


今日は、鷹、鷲の動向を踏まえると、
負けたのはもったいない話ですが、
今週、下位相手とはいえ
今週も6戦全勝なんて難しい話ですから、
まあ今日敗れたのはしょうがありません。


とにかく、大事なのは
連敗せずに牛に勝ち越しを決めて、
今週を最低4勝2敗で乗り切ること。

5勝1敗なら十分OK。
その勢いをキープしながら
翌週前半の楽天戦に三タテすること。


※楽天に三タテというのは、
 難しい話ですけど、
 楽天は週後半のソフバン戦を見据えて、
 岸同様に則本も週後半に編入するらしく、
 もし美馬も後半のままなら
 楽天先発陣は週前半が裏ローテになるからです。
 まあ美馬が前半に編入されるなら、
 美馬には連敗し続けているので
 その雪辱を晴らすべく三タテ狙うべき。
 とにかく、直接対決の三タテは
 大きく差を縮めますから。。。


それ故、明日からは「気が抜けてました」と
言っている場合ではないわけです。
おそらく明日は、鷹軍団も
バンデンでしっかり勝ちに行くでしょう。


ただし、今日の敗戦は
もうやむを得ないとは言いつつも、
反省材料が多々ありますから、
そこはきっちり反省しないと、、、ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正直、今日の試合は、
双方ともにBクラス野球を展開し、
その中で敗北しました。


今日の投手陣の成績は、
 西武が被安打12、与四死球5
 オリが被安打10、与四死球6
双方で与四球祭り被安打祭り
また双方でぽろり祭りも。
オリ中島は酷かったですね。悪送球で走者外崎へ直撃?!など
ただし、西武の方が
三振祭り残塁祭り
ホーム生還のバーゲンセール祭り
も開催してしまったため、
その分、6点差の敗戦につながった
と言えるでしょう。


まず前半の5回までは、
2回以外の4イニングで先頭打者の出塁を許し、
2回裏だって、一死からですが、
与四球と失策で一二塁のピンチに陥り、
毎回、表より多い点の失点
を繰り返しました。

毎回のイニング結果を見ると、
1回:西0-1オで▲1点→1点ビハインド
2回:西0-2オで▲2点→3点ビハインド
3回:西1-2オで▲1点→4点ビハインド
4回:西3-4オで▲1点→5点ビハインド
5回:西1-2オで▲1点→6点ビハインド
毎回、差が広がる展開ですから、
当然、勝てるわけありません。
しかも、内容が良くないです。


初回裏のT岡田の先制ソロHR被弾
ちょっと甘いところに入りましたが、
ある意味で、事故みたいなもので、
試合への影響度はそれほど大きくなく、
流れも失うほどではありません。


しかし、2回表の残塁無失点は良くなく、
流れをオリへ傾かせることになりました。
先頭のおかわり君をせっかく与四球で出してもらい、
次の山川が中安打で続き、無死一二塁のチャンスに。
しかし、その後が栗山、外崎、岡田と
三者連続三振チャンスを潰しました。
もちろんオリ金子が地力で踏ん張ったのでしょうが、
三者連続三振は良くない。
(バットに当てて併殺するのはもっと良くないが)
相手から見れば、
エースがピンチを三者連続三振で
無失点に凌いだという結果
は、
もの凄く大きな成果となり、
流れが相手へ完全に傾くきっかけ
になります。


2回裏は、2回表の拙攻のほかに、
与四球失策
さらに流れ喪失を助長させます。


3回表は、
先頭の金子が右安打で出塁する牽制死。
終わってみると
4出塁しながらも、
僅かに1得点止まり
非効率な攻撃で終了。
相手から見れば、
最小失点でピンチを凌ぎ、
助かった!
という印象。
その後の3回裏は
先頭から4人で2点を奪われ倍返し。


それでも4回表に
相手の与死球や失策に伴うチャンスを頂戴し、
そのチャンスをしっかりモノにして
3点奪って1点差まで詰め寄り、
流れを取り戻しそうな雰囲気に。
相手から見れば、
与死球、失策とミスを突いてきた
この西武打線の勢いが
脅威に感じるイニング

になったでしょう。
本来ならここから反撃態勢に入るはず。。。


ところが、その直後の4回裏は、
先頭打者を与四球で出塁させてしまい、
何とか二死までとりつきますが、
タイムリー被弾、与四球、タイムリー被弾
ボロボロ状態で4失点。
3歩進んで4歩下がる状態に。
この4回で試合は決しました。


5回は2回&3回の再現。
相手の連続与四球で満塁チャンスを頂戴し、
その後に相手の悪送球で1点献上してもらいますが、
(中島の走者外崎への直撃送球)
その後が金子、秋山の連続三振で終了。
しかも5出塁しながらも、
僅かに1得点止まりと
非効率な攻撃で終了。

その直後の5回裏は
浅村失策により先頭打者の出塁を許し、
2ラン弾を被弾で被倍返し。
高めに外れた直球を大被弾。
吉田も田村に対し全く怖さが無く
自信を持って振り切りました。


ちなみに、田村は7回裏にも
ど真ん中に失投して
吉田から2発目被弾しました。
田村は、ロッテのパラデスにも
連日で2発浴びているように、
同一打者により一発病は気になります。
天敵を生みやすくなりますからね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、先発の十亀については、
やはり十亀は十亀でしたね。


十亀の場合、
ほれぼれする好投を見せるときもあれば、
自滅もあって投壊をするときもありますように、
球が暴れん坊将軍であり、
基本的に投げてみなければ
わからないタイプですからね。
これは多和田も同様だと思います。


辻監督の試合後コメントでは、
「先発十亀だが、今日は持ち味が出なかったね。
 逆球でもいいのでもう少し荒々しさ、
 大胆さが欲しかった。
   今日はきれいに投げようという意識が
    強すぎたように感じる。」
とのこと。


十亀のいいときは、
ストレートに球威を保ちながら、
暴れん坊将軍の如く、荒れ球を武器にして
相手に球筋を読ませず
翻弄させること
(ノーコンでは困りますが、、、)
持ち前のシュートにキレがあったら
さらにGoodいう感じですが、
今日は
ノーコンになって与四球多々、
ストライクゾーンに入ると
打ちやすいコースに入り痛打。
もちろん、援護もなかったから
おまけに初回にソロを被弾したから、
失点してはいけないという思いが
強くなり、萎縮してしまったのか?


まあ、投げてみないとわかりませんので、
次回のお楽しみ、サプライズを乞うご期待
というしかないのですが。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
また2番手ガルちゃんは、
まああんなもんでしょう。
1つ言うならば、
今日は4回で決したゲーム。
一方、週6戦の初日です。
今日は捨てて
打たれても良いから
100球を目処にもっと投げさせて、
(ガルちゃんは今日完全消耗させて明日抹消。)
平井を温存しておきたかったですね。


それでも
ガルちゃんが2イニング、
田村が3イニングを投げました。
もう明日はそう投げることができないでしょう。
もし明日も岡本洋が早期KOされたら、
敗戦処理に勝ちパターンを使う懸念
が出てきます。
そのリスクを想定すれば、
ビジター開催ですけど、
明日は2人を抹消して、
別の敗戦処理投手を用意した方がいいでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あと、もう一つ気になったのは、
相変わらず黒木には
やられているよね!
という所です。


黒木の西武戦成績は、
今日を入れて7試合登板で、
打者22人に対して、
未だ無安打、与四球は僅か1つ。
出塁率が0.045。。。


真剣に考えないとですね。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、明日はこちらの先発が
現在、無傷の連勝中の岡本洋。
連勝中とはいえ、勝ち運があるものの、
一発病もあり、微妙な立ち位置にいますから、
安心しきれるわけではないですが、
とにかく5回まで試合を作ってくれれば。


一方、オリ先発予定の山田修は、
昨年、実際に打ち込んでおり、
正直、それほど苦にならない
と思われるので、
序盤から猛攻を仕掛けて欲しいですね。