下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主に書いています。

今週は鴎&公とホームでの戦い。まずは石川と対峙。

先週は楽天、オリを相手に遠征し、
3勝2敗1分の成績2位浮上しました。


ただし、楽天との差はまだ僅か1.5ゲーム差。
楽天がソフバンにやられている中にも関わらず、
こちらは苦手のオリ相手に手間取って、
結局、差を広げることができませんでした。


さて、今週からは対戦成績で大きく上回る
ロッテ、日ハムをホームに迎えての戦いです。
できることなら6連勝と行きたいところですが、
ロッテもソフトバンクに勝ち越したり、
日ハムも前回カードで負け越しており、
大谷あたりも復活しているので、
侮れない存在になっています。
下手をすれば、
2勝4敗、3勝3敗があり得ます。
現実的な狙いとしては、
最低限4勝2敗、よくて5勝1敗
というところでしょうか。


一方、楽天に関しては、
遠征で火曜日、木曜日に日ハムと、
ホームで金曜日~日曜日にオリと戦う日程。


正直、今の楽天は絶不調真っ最中です。
それ故に一気に差を広げたいのですが、、、
ただし、気になるのは
日曜日、ソフバン相手に則本が好投しつつも、
打線の援護が無く、サヨナラ負けを喫し、
則本ががっくりとして涙を流しましたことです。

(日刊スポーツ 撮影・栗木一考氏)


当然、楽天陣営は、
このエースの涙を目の当たりにし、
燃えないわけがないでしょう。
このエースの涙は
ナインの闘志に火をつけるきっかけ
になることは十分に想定されます。


もちろん、楽天陣営が
「何が何でも勝ちたい、勝ちたい」の一心で
焦りが募っているなら心配はありません。
しかし、大胆に開き直ってきたらわかりません。
しかも、今週はややゆとりのある週5戦の日程。
今はその素振りすら見られませんが、
少し前までは
勢いに乗ると怖い打撃力を誇っております。
一方、投手陣は、美馬が不調ですが、
依然、健在であり投壊していません。
岸、則本を中心に、
辛島もソフバン相手に7回2失点、
松井中心に福山、ハーマンの

勝ちパターンも健在です。
ソフバン相手ではないので、
何かの拍子に勢いに乗ったら
一気に迫り来るおそれはあります。

その何かの拍子が、
エース則本の涙になるおそれが否めません。


いずれにしても、
どのみち楽天の方が残り試合が多いので、
西武の方は
チンタラしている場合ではなく、
得られる白星はとりこぼさず、
勝っていくしかないのですが。。。


ただ西武の方で気になるのは、
日曜日のオリ戦で露呈した
序盤の失策ミス です。


先制して1点差リード1回裏、
無死三塁から二ゴロも、ホームへの送球が
フィルダースチョイス&悪送球により失点。
おまけに、2失点目の火種となる
走者の二塁進出を許しました。

※1点目はやむを得なくも、
 2点目が痛手になりました。


次に逆転して1点差リード3回裏、
三ゴロも、悪送球により先頭の出塁を許し、
バント処理で二塁への送球が
フィルダースチョイス&悪送球によりピンチ拡大。
まあその後にバント処理で三塁を刺しますが、
二塁を刺すのと、三塁を刺すのでは違うが故に
瞬時のタイミングの見極めが重要になりますが。


当然、失策そのものがダメですが、
気になるのは序盤からの焦りです。
もちろん、例え1点でも
終始リードしていることに
越したことはありません。
それ故、1点死守の気持ちはわかります。
しかし、まだ3回までの序盤ですから、
最小失点で同点までなら御の字であり、
中盤、終盤に巻き返すチャンスがあります。
(まあ中継ぎ陣を打ち崩せませんでしたが)
少なくとも、1点絶対死守は、
終盤ならわかりますが、
絶対死守に際して力むのは確かなので、
序盤から無理強引に遂行する必要はない
と思います。
これは先発投手にも言えます。
よく1点リードしてもらい、
逆に「絶対死守しないと」と
力んで打たれるのと同じです。


日曜日に見られた序盤からの
フィルダースチョイス&悪送球
を見ると、
チーム内が
「何が何でも勝ちたい、勝ちたい」の一心で
焦りが募っている気がしてなりません。


「勝ちたい」という気持ちは大事で必要ですが、
それが焦り、力みになっては、逆効果です。
相反する難しい問題ですが。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、今日の先発は、
ロッテが石川です。


石川は元々苦手としている天敵でありますが、
今年の石川自身が不振に陥っているので、
前回の復帰後はきっちり打ち込みました。
その後もソフバン戦、楽天戦で今一つです。


それを考えると、
今回もチャンスは十分あります。
ただ、石川も対策を講じてきます。


さて、どうなるでしょうか?



ロッテ石川、2週間ぶり先発控え焦り封印
「自分の中で整理できれば…」
9/4(月) 15:32配信(デイリー)


 ロッテ・石川歩投手(29)が今季4勝目を狙って5日の西武戦(メットライフ)で2週間ぶりに先発する。
  この日はZOZOマリンに隣接する室内練習場で遠投を中心に調整を行った。
 14年の新人時代から16年まで3年連続で二ケタ勝利をマーク。しかも3年連続投球回数に到達した。
  昨季はチームトップの14勝、リーグ最多の3完封を記録。最優秀防御率に輝いた。
  しかし今季はここまで14試合に先発して3勝10敗。開幕からはまった不調の渦の中で苦闘している。
  前回の登板、8月22日の楽天戦では7回を被安打14で6失点。それだけに、「打たれたので、取りあえずはいい球を増やしたい」と前を見つめた。さらにこう続けた。
  
「カウントを不利にしてしまって(球が)シュート回転する。ストライクがほしい。四球を出したくない。そこでシュート回転…常にできていないからそうなる」
  
勝てない焦りが悪循環を呼ぶ。「しっかり自分の中で整理してできればいい」とこれまで以上に気持ちを落ち着かせて、マウンドに上がる。
  入団以来、1試合ごとに投げ方を工夫して“理想”のフォームを求めているという。
  具体的には「感覚的な部分で、微妙なところですね」とサラリと交わした。
  明日は?の問いに「秘密です。しっかり自分の中で試します」表情を引き締めた。