下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主に書いています。

鷲との決戦を観にMLDへGo!上を目指して『絶対勝つぞ、ライオンズ!』 で森友&恭平が昇格。森友もそうだけど、意外と恭平が強打者にイメチェンしたりして?

今日からメットライフドームで
正念場となる鷹との三連戦です。
厳しい戦いを強いられますが、
上を目指す以上、
絶対に負けられない直接対決
です。


今日はメットライフドームに
その決戦を観戦しにきました。
できれば、
昼からの第二での巨人戦も併せて
Wヘッダー観戦したかったですが、
第二の方は雨天中止になっちゃいました。

でも今日はごった返えしています。



今日はここから応援です。


ところで、
森友、永江が昇格してきました。
森友は大丈夫なの?打てるの?
まあこの三連戦は
まだ慣れずにいるので、
そう簡単に打たせて
もらえない懸念が濃いでしょう。
しかし、もう痛み等が無いのであれば、
彼の打撃能力の高さを考えると、
2軍の生ぬるい球でリハビリするのではなく、
1軍の厳しい球でリハビリした方が
実戦慣れするのに早いでしょう。
1軍と2軍の差は雲泥にありますからね。
まあ、当面は守備面までは厳しく、
さすがに捨て試合でない限り、
捕手をやらせるわけにはいかないでしょ。


でも、この男、
打撃に関する潜在能力と意外性は
ものすごくある
から、
何か大仕事を
やらかしてくれたりするのでは?
「信じる者は救われる」みたいな
超楽観的希望ですが。。。


これ食って応援です。



一方、永江の方は
守備固めの面での昇格でしょうが、
最近は知りませんが、
2軍降格直後に
ホームランとか打っていたような気が。
現在、2軍では34試合(128打席)出場し、
6本ホームランを打っている?!
これって愛斗(132打席6本)と同じくらいの率で、
打席数の多い呉くん(82打席4本)、
坂田(68打席2本)より打っていますからね。
まあ打率は0.263で、呉くんは0.274でどっこいどっこい。
誰かが
「永江を強打者に育てたら
 ノーベル賞ものだよ」

という発言
がありましたけど、
もしかしたら、超楽観的希望でありますが、
一皮むけた新たな強打者・恭平の姿
が拝めたりして。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、
今日の相手の先発投手コラレスは、
2軍戦で防御率が7点台とか。。。
おいおい、
こりゃ負けられませんよ。
まあ昨年、大石も
2軍で防御率悪かったけど、
1軍に昇格して好投を続けましたが、、、


コラレスは、
158kmの速球派らしく、
や横のスライダー、カットボール、
ツーシームあたりを投げ、
球が手元で動くらしいです。
しかし、 コントロールは今一つとか。
モーションも盗みやすそうなので
盗塁はしやすいかもしれません。


2軍では13回1/3を投げ、
 打者66人相手に与四球が12個あります。
それを考えると、制球今一つという印象も。
ただし先発時は、
 前々回ヤクルト戦では6回を投げて2個
 前回日ハム戦では5回を投げて2個ですが。


縦スラを持つシュリちゃん
という感じでしょうかね?


もしシュリちゃん相手に
早打ちや打つ気満々で大振りして行ったら
球が速く、手元で動き
さらに 絞りにくい荒れ球ですから、
凡打の山を築く蟻地獄に落ちます。
コラレスも同様の懸念が考えられます


シュリちゃんと違うのは、
縦スラを持っているので、
ぶんぶん行ってしまったら、
その縦スラで空三振という懸念
あるかもしれません。


序盤から早打ち、闇雲打ちは避けたく、
一巡目は捨てても良いので、
カットで粘って球数放らせ、
セーフティバントも見せつつ、
もし、出塁したら走ったり、
相手のリズムを狂わせて
球が暴れるのを誘いたい
ですね。
また逆打ちで流すこと
できるだけ意識したい
ですね。


相手が序盤からボロボロでなければ、
勝負は二巡目からですかね。


絶対勝つぞ、ライオンズ!
炎獅子の底力を魅せて
鷲の焼き鳥を三丁料理しましょう。