下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

ライオンズ前半戦の10大ニュース

リーグ戦前半戦が終了しました。
現在の成績は下記のとおりです。


西武とオリックスの差は6ゲーム離れていますが、
西武はオリに直接対決では負けすぎ、
苦手を否めないですから、(オリは楽天に負けすぎ。)
あまり差は無いものと考えおいた方がいいでしょう。
そうなると、今のパ・リーグは
楽・ソ>>西・オ>>日・ロ
と明瞭な格差社会になっています。
それ故に、獅子や牛は、
公やカモメに勝つけど、鷲や鷹に負けるという
弱気をくじき、強気を助ける感じに。。。


失点数や失策数が力関係を語っていますよね。
勝つためにはミス無しが重要ということを語ってます。


さて、前半戦終了を機に
ライオンズ前半戦の10大ニュース
を勝手に決めたいところなんですが、


交流戦終了時に間が空いたので、
そのときに、
開幕戦から交流戦終了までの
 ライオンズ10大ニュース
 を勝手に決めて
ブログに挙げてしまったんですよね。




このとき、勝手に決めた10大ニュースは
次のとおりです。


【1位】辻ライオンズへの期待
     CATCH the ALLつかみ獲れ!
【2位】#源田たまらん
【3位】先発駒不足問題(表と裏)
【4位】勝利の方程式
    鉄壁リリーフ陣
【5位】失策減少
【6位】外国人投手の明暗
【7位】岸ブーイング事件
【8位】忍耐采配(木村・田代)
【9位】メヒア・浅村100号HR
【10位】交流戦


前半戦終了の現在は、交流戦終了から
あまり時間が経過していませんが、
その間に西武にとっては
森コーチの急死という
衝撃的なニュースがありましたね。
やはりこのニュースは
1位に挙げざるを得ません。


前半戦の10大ニュース
次の通り、前回から修正します。
(赤色文字が修正点です)


【1位】森コーチの急死
     全員が慎二とともに。。。

シーズン終了時の
2017ライオンズ10大ニュースの1位には
『西武、森コーチに朗報(日本一)報告』
を挙げることを是が非でも実現したいですね。


【2位】辻ライオンズへの期待
      CATCH the ALLつかみ獲れ!
【3位】#源田たまらん
【4位】先発駒不足問題(表と裏)
【5位】勝利の方程式・鉄壁リリーフ陣

  ※ただ最近、お疲れ気味です。
【6位】失策減少
  ※ただ最近、
   ミスから試合を落とすことが
   散見しています。

【7位】外国人投手の明暗
  ※ファイフ投手が加入し、初白星を挙げました。
   ただし、ファイフはまだ試金石が続いており、
   明に転ぶか?、暗に転ぶか?

Moriro(負け運)さんのtwitterより

【8位】岸ブーイング事件
【9位】忍耐采配(木村・田代)

  ※最近の辻チルドレンは外崎、水口で、
   彼らは結果を残しており、良い方向に。
【10位】メヒア・浅村100号HR
    &栗山300本二塁打



-----------------
ところで、今日は
フレッシュオールスター2017
西武からは今井、鈴木、山田が出場しました。
山田ハルカは源田の代打ですが。
一応、潮崎2軍監督もベンチに。


今井は初回から先発で1イニング投げました。
途中から雨が激しく降っている中の投球と
苦しいコンディションでしたね。
楽天・田中の好守に助けられましたが、
一応、無失点に抑えました。
151km/hを魅せましたが、抜けちゃいましたね。
ただ、やはり線が細いためか、
球が甘いと持って行かれそうですね。
でも、良い経験になりましたね。
お疲れ様です。身体作りを含めて
しっかり土台を築いて地力を強化し、
将来、1軍での活躍を期待しています。


鈴木は地元静岡開催だったのですが、
遊ゴロ、空三振、二ゴロ、一ゴロ
と今一つでした。
まあ「これから」の存在ですからね。
ところで、9回表の打席では、
名曲・ランサムの応援歌が
鈴木バージョンで流れてましたね。

この打席、レフト線のファウルが
惜しかったですね。


一方、山田の方は、
6回表からサードで出場しました。
7回表には
華麗なランニングスローを魅せました。
その裏には、高めで甘かったでしたが、
レフト前ヒットを決めました。
久々に見ましたけど、
スイングが春先から変わった?
という印象でした。
オールスターだから??
バットをくるくる回しながら
タイミングをとって
しっかりと引きつけて打ってました。
足の上がりも増してますね。
打撃面でいい兆候が見られるほど
成長していますね。
元々、打撃に苦しんでいたタイプでしたから、
まあ三遊のポジションは競争激しいですが、
打撃でもっとアピールできるようになると
大きく飛躍できるはず
です。


鈴木も山田も頑張って
台頭してください。