下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

8/2楽天15回戦(in炎MLD)小技・大技を駆使して一流の則本を打ち崩し、炎の11連勝で鷲軍団の焼き鳥二丁上がり!明日は勝って3ゲーム差縮めるのと、負けて1ゲーム差しか縮まらないのでは大きく違う。エースで確実に明日も勝つことが大事。ところで、ベンチ入りしない岸がなんで試合前にブルペンで投げていたの?明日の第二先発待機?又は前妻の銀に会いに来たの?

今日の楽天戦は、
こちらが岡本洋、あちらが則本で先発。
正直、パワーバランスでは楽では無い状況。
今日が今週の楽天カードの最大の山場ですね。


でも、終わってみると
足で稼ぐ小技有り、
一撃で稼ぐ大技有り

西7-4楽の完勝で、
23年振りの
炎の11連勝!
🔥🔥🔥🔥🔥🔥
🔥🔥🔥🔥🔥

恐るべし炎獅子祭り!


さて、試合の方は、
初回の時点
楽天の流れ立ち上がります。


1回表、
先頭の茂木は打ち損じて倒れますが、
次の銀次には、簡単に四球を与えます。
ウイラーには内角に入るシュートで左安打
アマダーにも同じような球を痛打され左安打
一死満塁のピンチで島内には、
沈んだフォークを上手く打たれ
犠飛で先制点を許します。
で、おまけに聖沢に与死球により
二死だけど再び満塁に。
しかし、クルーズが外角低めに外れる
スライダーに手を出して三ゴロ


岡本洋はいきなり立ち上がりで失点します。
ただし、正直、序盤から2~3点失う場面も、
最小失点で済んだことは大きかったです。


でも、1回裏の攻撃、
一死から源田が8球ネバって左安打も、
浅村が初球で遊ゴロからの併殺に。


このように1回は
表が失点し、裏が併殺に終わり、
流れは楽天に傾いていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし、岡本洋は2~3回が
修正してきて三者凡退に。
2回表は三人とも低めを打たせており、
ゴロアウトの山を築きます。


試合が動いたのは3回裏でした。
先頭の外崎が沈みきらないフォークを
叩いて、ショートを越える安打。
(ただクルーズの捕球処理が下手すぎました
その後は岡田が送って、金子が与四球
で、秋山は凡打で倒れますが、
二死一二塁で源田が
内角高め直球を思い切り引っ張り、
右安打同点タイムリーを快打!
でも”源田たまらん”伝説はまだ終わらない。
次の浅村が与死球で出塁。


ある意味で、
則本の四死球自滅による
二死満塁チャンスを頂戴いたしました。
で、そこで打席に迎えたのは、おかわり君。
でも、最初の2球のフォーク空振りを連続し、
僅か2球で追い込まれます。


この場面の雰囲気は、
おかわり君の空三振による満塁残塁?
のおそれ懸念という感じです。
しかし、則本は3~4球目を
高め釣り球で誘いますが、
外れて、おかわり君が見送り、B2S2。
そこで、則本は次にフォークを投げるも、
ワンバンして大暴投に!
その隙に三塁走者・金子がホームへ生還し、
さらに二塁走者の源田が一気にホームへ突っ込み、
結局、1暴投の中を足で2点もぎ獲り、
流れをこちらへ引き込み、岡本洋の援護もできました。


暴投時、普通は金子までの1点でしょうが、
源田が生還したことは、2点を奪うとともに、
則本へダメージが大きく、
少なくとも則本のリズムは崩したと思われます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、今日の大きな話題は、
山川がおかわり連発で
3打席連続3ホームラン!
この山川の援護大砲は
試合展開を考えると大きな価値を生みました。


4回裏は、さらなる援護点になる一撃。
6回裏は、中押しになる貴重な2ラン一撃。
8回裏は、表に牧田が2本のHR被弾で
 苦しくなりそうなところに
 ダメ押しの貴重な一撃。


山川自身、今年は15安打のみですが、
そのうち7本がホームランですか、、、すげぇな。


一方、おかわり君がおかわり連発で
3打席連続3空三振!
オリ戦では好調でしたが、
相手がロッテ、楽天と代わって不振に戻りました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと則本の話に戻しますが、
則本の場合、前半で叩けず、
則本が調子に、勢いに乗ってくると、
則本は尻上がりに良くなって
手が付けられないほどになります。
それ故、前半に攻め落としておきたい相手です。


今日の則本には、
1~2回はゼロに抑えられましたが、
3回以降、きっちり攻め切っていくことができ、
則本に自らのリズム、勢いに乗せない展開
に持ち込めたのが大きかったです。
しかも、その攻撃に当たって、西武打線は、
打撃力のみならず、機動力も使って
則本のリズムを崩して攻めていきました。
則本自身、だいぶ投げにくかったはずです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、今日の獅子軍団の中継ぎ陣は、
6回武隈、7回シュリ、8回マキタ、9回増田
で継投しました。


シュリちゃんが8回から7回へ転向、
マキタ大先生が7回から8回へ転向、
になったんでしょうかね。
まあ下位から当たる7回をシュリちゃん
中軸と当たる8回をマキタ、
という配置なんでしょうね。


結果は、シュリちゃんが
僅か4球でゴロアウト集の三凡祭り。
でも、マキタ大先生は、
ウイラー、島内に2本のソロを被弾。
ある意味、ソロ弾は事故的な面がありますが、
さすがに1イニング2本被弾はアカンです。
どちらにも球が甘い面もありましたが、
相手にもマキタ独特のタイミングを
研究されていますよね。


増田は、ゼロに抑えていますが、
やっぱり直球onlyは辛いですね。
球が速いんですが、単調しすぎて
なかなか振り切れず、粘られやすいです。
先頭の三好には球粘られ、
 直球を続けまくった後の甘いスライダーを痛打。
次の福田には全て直球で9球粘られます。
 最後は源田の好守による遊ゴロ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今回のカードの最大の山場であった
則本先発の楽天を下したことは
大きな勝ち星
になりました。


このカードを
3連勝してゲーム差を3つ縮めるのと、
2勝1敗でゲーム差を1つしか縮めないのとでは
大きな違いになります。


楽天とのゲーム差は、
明日勝つことができれば4ゲーム差となり
上位に肉薄する可能性に大きく近づきます。

もし負けることになれば6ゲーム差であり
まだ上位と溝が開いた状態が残ります。


せっかく、則本の今日を完勝して
連勝を伸ばして3タテに王手をかけたわけで、
また明日の先発はこちらがエース雄星に対し、
相手が岸に代わって格下の安楽ですから、
油断禁物ですが、勝算が見込まれます。


とにかく、エース雄星で
明日も確実に鷲狩りを成し遂げて連勝を伸ばし、
鷲の焼き鳥を三丁上げることが大事
です。


ただ、鷹軍団は負けませんねぇ・・・しんどい。
さすが12球団一の組織力を誇るチームです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、今日、
ベンチ入りしていない
試合前の練習時間帯に

ブルペンで投げていた?!
という情報がTwitterで出ていました。


なんで、本カードの先発ローテに
入っていない岸が所沢に来ているの????
明後日からのロッテ戦は仙台だから、
練習なら仙台でやるでしょ。


先週の先発布陣を踏まえると、
本来なら、明日の木曜日が岸ですけど、
今回は安楽を立てて、岸を週後半に回しています。
ロッテ戦を予定しているなら、
なおさら所沢なんかに現れないですよ。


所沢に居た理由を勝手な妄想で考えてみますと、


もしかして
西武の連勝の勢いを当初は舐めていて、
また岸も所沢で投げにくいだろうから、
西武戦では岸を外してたけど、
カード頭を落としましたから、
もし則本で負けるようなら
三連敗は優勝争いに大きく響くため、
もう形振りかまってられなくなります。
そのため、三連敗を阻止すべく、
三戦目の第二先発として
待機するために所沢へやってきた?
となれば、
予告は今日の試合の結果が出る前なので、
予告は安楽でしているけど、
三連敗の危機が生じた今は、
安楽には1人だけ投げさせて、
2人目から岸へ交代する???
なんて考えられます。


何でもありの楽天ですから、
あり得そうな気がするのですが、、、
さすがにね、、、、
パワプロなどの野球ゲームじゃないんですから。。。


実際の野球では、先発する際には、
それまでに心身ともに準備を進めていきます。
日本シリーズ等のような短期決戦や
優勝決定が懸かるカードであれば、
スクランブル状態となり興奮度の方が高まるので
多少の強引な使い方も有りですが、
まだ今後も大切な試合が残っているこの時期に、
普通はエースをそんな使い方はしないでしょ。
安楽だって、そのまま翌日にスライド登板できる
精神状態にないでしょうから、
先発投手を1人無駄にすることになります。
もし、そんなやり方で挑んで来たら、
こちらとしては、自分のリズムを自ら崩しているので、
いつもと違うので打ち崩す勝機は高まるでしょう。
まあ、楽天は、余裕が無い下位の西武と違って、
上位に位置しており、鷹にやや抜かされても、
まだ修正可能ですから、多少は余裕があるので、
そんなアホなことはしないと思いますが。。。


じゃぁ、なんで岸が所沢に来ていたの?
まさか元恋女房の銀に会いに来ていたの??


やんちゃ坊主@miyukiall0223さんのTwitterより