下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

2016年ライオンズ、勝手に決めた10大ニュース

もう12月半ばを過ぎ、
今年もあともう少しですね。


球団の動きについても、
岸の補償も決着し、
外国人投手も3名招聘で
決まりそうですね。


あとはトレード等の動きが
考えられますが、
どうせ今のフロントは、
トレード等の補強は
見据えてない
でしょう。


今年、もう大きな動きは無さそうですかね。


そこで、ちょっと早いですが、
勝手な個人的見解に基づき、
2016年ライオンズ
10大ニュース
をまとめてみました。
順位も勝手に付けました。


下位から話したいと思いますが、
まずは10位より下(圏外)のネタ
簡単に列挙しましょう。


◇今年もドラ1位の1本釣り
 森→光成→多和田→今井
◇森、終盤は捕手でがんばる。
 元々は株主総会での指摘対応?
 来季は捕手に専念し、
 打てる捕手を目指す。
 やりきれるか?
 森の長所(打撃)を器通り活かせるか?
◇新人ルーキー10人中7人が一軍出場。
 多和田、野田、南川、本田、呉、
 國場、松本
 →若手が育ってきています。 
◇イエローより縁起がまだマシの
 エメラルドグリーン
  田辺さんコメント
 「信号だと昨季は黄色。
   今季は緑だから“進め”だな」
◇各選手の受賞
 金子:盗塁王
  浅村:ベストナイン等
  秋山:Gグラブ、
  牧田:スピード アップ賞
  森:月間スカパー! サヨナラ賞
  など。
◇各選手の記録(1)
 岸100勝、銀&直人1000試合出場
◇各選手の記録(2)
 栗山1500安打、
 オールスター初出場で初HR
◇抗議しない監督。
 最後の頃は、
 説明を聴きにお散歩。
◇TV中継から姿消える投球術の中崎。
 オフに球団からも消える(リリース)。
◇キムショーの試練:激動の一年
 FA宣言→テスト入団→大故障
 →自由契約→育成契約
 ※来季、復帰→活躍を目指して頑張って!
◇岡本篤、星の引退。
◇暑さ対策:大型扇風機を導入
 でも効き目は小さすぎ・・・
◇若獅子寮:今年も強制退寮
 雨漏りする室内練習場
 選手達が施設老朽化などの改善を今年も要望。
◇未成年選手の喫煙発覚
◇コーラ三昧、牛丼三昧の怠惰な生活
 強制退寮問題から波及?
 山川:コーラばかり呑む生活
    →辻監督に大目玉食らう!
 森 :牛丼三昧の生活、朝が苦手
    ※何かやらかさなければいいですが
◇結婚ラッシュ
 雄星、十亀、外崎、佐野、木村文
 おめでとうございます。
◇同じ相手に何度でもカモられっぱなし。
 学習できず、ソフバンの武田、
 ロッテの石川、オリのディクソンなど
 いつもカモられていましたね。
 来年は楽天の岸さんも加わるかも。
 岸さんは西武打線が
 苦手としそうなタイプに見えますから。
◇台湾との交流
 ◎台湾の統一セブンイレブンライオンズ
  と色々交流を図りましたね。

  交流イベントや秋季キャンプ留学、
  西口氏の臨時コーチなど
 ◎昨年に続き、台湾デーの開催
  でもその日はメヒアさまさまの
  3ホームラン7打点の大活躍で

  ベネズエラデーみたいに
  なってました
が。
◇メヒアさまさまや!
 台湾デーで3ホームラン7打点の大活躍。
 そのときのヒーローインタビューで
 「メヒアさまさまや!」と雄叫び。
 その後、グッズも販売されましたね。

◇サンキュー、う~!、ウ~イング。
 呉念庭が初のお立ち台で発したのが
 「サンキュー、う~!」
 陽岱鋼を意識したのでしょうね。
 また呉の応援でブーイング
 ならぬ『ウーイング』が
 鳴り響いてましたね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
では、ここからベスト10です。


10位:コリジョン旋風
    に巻き込まれる。
◇日ハム戦で暴投からそれをカバーして
 日本プロ野球史上初のコリジョン適用
 が見られました。
 しかも光成のプレーが基となり
 捕手以外での適用と珍事でした。
 おまけに光成はクロスプレーで
 アゴを蹴られて負傷というおまけ付き。
【日本プロ野球史上初コリジョンセーフ】


◇広島戦で9回二死の
 走者菊池と捕手上本のクロスプレー。
 一旦、アウト判定されるが、
 広島陣の猛抗議で判定は覆り、
 日本プロ野球史上初のコリジョンサヨナラ!
 この日(2016年6月14日)以降、
 首脳陣の冷静さを欠き、
 おかわり君故障や
 チーム成績が不振・迷走に陥りました。
【日本プロ野球史上初 コリジョンサヨナラ】



9位:日ハム優勝・胴上げ!
   目の前で見届ける。
◇今年の最終戦。雄星vs大谷の対決。
 しかし大谷に全く歯が立たず、 
 負けた瞬間→日ハム優勝決定
      →日ハム胴上げ!

 ※下手をしたら、
  ノーヒットノーランをやられた上での
  胴上げを目の前で決められる
  という恥事となる可能性が
  ありました。
◇ちなみに、
 目の前で優勝・胴上げを見るのは
 今年に限ったことでなく、
 近年、その頻度が多いです。
◎2009年:日本ハム優勝見届け(札幌)
◎2011年:ソフバン優勝見届け(所沢)
◎2013年:楽天優勝見届け(所沢)
◎2015年:ソフバン優勝見届け(福岡)


【2016年 日ハム・リーグ優勝】



8位:外国人投手陣の玉砕
   (ウルフ以外)

◇今年の外国人投手は、
 バスケス、郭のほかに、
 バンヘッケン、CCリー、ポーリーノ
 と人員数を増やしました。
◇しかし、その結果は5人で0勝!
 助っ人投手の無勝神話となる。
 バンヘッケン:10試合0勝4敗 防御率6.31
 ポーリーノ : 8試合0勝6敗 防御率4.70
 バスケス     :19試合0勝6H 防御率5.5.1
  CCリー  :18試合0勝1H 防御率6.48
 郭俊麟   :12試合0勝3敗 防御率8.46
◇結局、シーズン途中でバンヘッケンが、
 終了後にポーリーノ、バスケス、CCリーが
 クビ。。。


【西武クビ後のバンヘッケン】
 バンさん、
 古巣(韓国ネクセン)に戻ったら
 活躍してるみたいですよ。
 準プレーオフで
 MVP獲っちゃったりとか。。。


◇西武では、外国人が散々の中、
 故障上がりのウルフが
 シーズン途中で入団。
 打ち取る投球術が健在で、
  4試合4勝0敗
防御率3.04
 と助っ人投手の無勝神話を崩しました。
◇ところで、来季は
 新外国人投手として、
 シュリッター(30歳)
 ガルセス(26歳)
 キャンデラリオ(34歳)
 が入団してくるとか。
 日本の風土・野球に馴染んで
 頑張って下さい。



7位:3年連続Bクラス
◇今シーズンは、
 早くも6月終了時点
 Bクラスの位置が不動な状態に。
 ※結局、6月終了時点で
  チームがBクラス入りがほぼ決定。

14カード連続負け越し
 というのもありました。
 このとき、カードを勝ち越すのが
 いつになるのか、
 見えてこなかったですね。。。
◇8月に入って、
 単独最下位、勝率3割台まで陥没し、
 所沢移設元年1979年に次ぐ
 ひどいありさまになる危機もありました。
 


6位:田辺氏の監督辞任
◇田辺氏が3年連続Bクラスの結果
 に責任取って監督辞任。
 元々、監督の器ではなかったのに、
 伊原氏の跡を引き継ぎましたから。。。
◇田辺氏は、一応、一線を退き、
 フロントでチームアドバイザーに。
【今度は海外行ってきま~す】 


◇しかし、本来、責任とるべきはずの、
 本部長は継続残留。
 潮崎氏、2軍監督で残留。
  将来の監督就任の機会は
  まだ残す。
 橋本氏はヘッドに昇格。 
 来季への大きな不安を残しました。



5位:辻氏の監督就任  
◇新監督候補として、
 秋山氏、宮本氏、潮崎氏の噂が
 流れましたが、
 結局、監督職は中日コーチ
 であった辻氏で決まり、
 新生・辻ライオンズの始動!
 となりました。

【辻新監督】

今のところ順調で今後の改善が期待できます。
 選手達も意識を高めてるでしょう。
◇あとは、辻監督が実力を
 シーズン通して十分に発揮できるか?
 コーチ陣は監督決定前に
 フロントで勝手に決めて
 ほとんど確定済みでしたし。。。



4位:ポロリ祭り全開(エラー地獄)
     ゲッツー祭りも多発。
◇今年のライオンズでは、
 チーム失策数:101
 チーム併殺数:146
 と双方とも12球団ワースト。
エラーで落とした試合も
 数少なくなかったです。
◇鬼ちゃん、
 気合いはベンチの時から入っていたけど、
 気ばっか焦って空回りしてましたね。

※エラーの一例。。。

※思い出の5ゲッツ 



3位:投手陣の酷使
   主力選手達の酷使→故障
◇今年は中四日とか、連投連投、
 懲罰的な続投など、
 首脳陣の身勝手による
 投手陣の酷使采配が目立ちましたね。
 (特に意味の無い場面での酷使
投手陣の酷使賞
   小石、武隈、牧田、光成

 にあげましょう。 
牧田、小石、武隈の酷使は目立ちました。
 牧田故障以降は小石、武隈に偏りました
 特に小石は同一週でガンガン登板し、
 その週だけで軽く100球超えているなど。
 やはり酷使大賞(MVP)は
 小石くんでしょう。
光成の場合は、
 ヘロヘロになって下げ時でも
 続投させられ大炎上とか、
 ヘロヘロになっていても、
 登板翌日にベンチ入りや
 中継ぎとして馬車馬のように働かされました。
※酷使賞受賞対象外にしましたが、
 雄星が規定回数超だけのために、
 無理くり中4日で最終戦を登板した
 こともありました。
 本人も希望もあったでしょうが、
 投手コーチの責任低減も
 狙ってた気もします。

◇当然、このように酷使するから、
 主力選手の故障も目立ちました。
   岸、牧田、雄星、ともみ
   おかわり君。。。
  ※おかわり君は
  体調不調でも使われ続け、
   プロ野球史上初のコリジョンサヨナラ
  の翌日はサードスタメンで使われ、
   ホームでコケて故障!

  なんてありましたね。
岸が出て行った要因の一つに、
 酷使→故障→選手生命危険
 というのもあったでしょうね。
 来年は潮崎氏も1軍にいないから
 その心配が低減するでしょう。
 しかし、潮崎氏は2軍監督で
 現場の幹部に残りました。
 ということは、いつの日かに
 潮崎氏が1軍監督に就任する機会
 を球団側が残したということです。
 となると、西武に残留していれば、
 いずれは、酷使の嵐に巻き込まれ、
 選手生命の危機も十分あるわけで、
 それを考えたら、
 出て行くのも無理ありません。
 (ブラック企業から転職は当然です)
 結局、球団はブラック企業らしく
 岸よりも潮崎を選んだ
 ということですね。



2位:岸のFA流出
   栗山のFA残留
◇今オフ、西武からは栗山、岸がFA権行使
◇そのうち、栗山は「FA残留」を決め、
 事実上、生涯ライオンズを宣言。
 ありがたいことです。
◇一方、案の定、岸の方は楽天へ流出。
主力選手のFA流出はライオンズの恒例行事
 になりました。
 とはいえ、岸は元々西武に希望して入り、
 愛着を持っていただけに、

 今までのFA流出とは訳が違って
 かなり深刻な問題と言えるでしょう。
 今の西武には、お金だけでなく、
 それだけ残りたいとい魅力が無いこと。
 そのことをフロントが
 どこまで自覚しているかは懐疑的ですが。
 それ故に、今後もFA流出行事は
 まだまだ続くでしょうね。



1位:2016年ライオンズ
   流行語大賞
   「あと一本が・・・」
なかなか点を獲ることができず敗戦
 というケースも多く、
 試合後の田辺監督のコメントで、
 この「あと一本が・・・」と
 よく嘆いていましたね。。。
◇同じような内容のコメントも含めると、
 何回あったか、数える気もしないくらい
 あった気がします。
今年のライオンズ流行語大賞
 にしていいくらいです。
その割には、何か対策を講じているか?
 というと微妙でしたから、

 一層に腹立たしい記憶が残ってます。
◇辻監督にも
 同じようなことを言わせないよう、
 橋上さん、お願いしますよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
やはり今年のライオンズスは
ネガティブニュースが多かったですね。
来年は1位に『優勝』という
グッドニュースが欲しいですね。