下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

5/12:オリックス6回戦(in神戸) エースが投げ、ワン・ツー・スリーの理想的な反復波状攻撃で猛牛ぽんたを轟沈。ただしその裏でまだ喫緊な課題は残す。ちなみに西武遊園地では火事・・・

今週末はオリックスとのカード。
オリックスには現在、白星無しの5連敗中。


本カードの今までと違うのは
こちらの先発が裏ローテではなく、
エース、ウルフが登板する表ローテ。
一方、天敵(ディクソン、松葉)とは対戦無し。


このような状況から、
5連敗時よりは勝算が見込めます。
ただし、打線がきっちり得点できることが前提です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今日の試合については、
雄星vs西の先発。


西の状態云々があるかもしれませんが、
今日のライオンズ打線は、
秋山、源田、浅村の1・2・3番が
1回、3回、5回と波状攻撃を反復し、
西を轟沈しました!


まあ銀も打ちましたが、
とにかく浅村の前に塁を貯め、
浅村で一気にはき出す波状攻撃。


浅村については、
1回表:右飛で1点先制
3回表:一死満塁から2点タイムリー中安打
5回表:無死一三塁からレフトスタンドへ
    高く飛んだ豪快3ラン
打席を重ねる度に勢いを増す攻撃
まあ8回表は一死二三塁で
遊ゴロとなりますが、
その間に秋山が生還してもう1点追加。


結局、今日の浅村は
5打席4打数
3安打の猛打賞で7打点!
2打席目、3打席目は
西の球が高めに甘く入る球でしたが、
それを見逃さず決めましたね。


ヒーローインタビューでは、
(聴き手)打撃の方は好調ですが、
  好調の要因というのは
  どのようなあたりにありますか?
(浅村)
  あんまりオーバースイングすることなく
  状況に応じてバッティングができている
  のかなと思います。


同じフルスイングでも、
状態が悪いときのように
闇雲に振り回すのでは無く、
バットをきっちり球の軌道にそって
振り切っていますからね。さすがでした。

3ランについては、間合いを的確にとり
球をバットにしっかりと載せ
力を集中させて球に全てを伝えながら、
そのままバットを振り斬りましたね。
まさに剣の居合斬りのような
相手を鋭く仕留める一撃でした。


また、浅村も言っていたように、
「特に1、2番が塁に出てくれて
 チャンスで回ってきてたので
 本当に1、2番のおかげかなと思います。」


とにかく、今日は
秋山、源田の1・2番コンビが
(まあ9番銀もですが)
完璧に機能してチャンスを作り・広げ
中軸へ引き渡したこと
も大きな勝因です。


秋山が出たら源田も初回が送って、
あとが同じように出てチャンス拡大。
まあ6回表では、
秋山が空三振では、源田も空三振
というのもありましたけど。
※源田くん、
 そこはマネしなくていいんだよ。



ついでに、おかわり君も
後半は2安打1与四球1打点と活躍。
銀もマルチ安打で得点に貢献。


ただ、5番栗山~8番木村文が
ややトーンダウン。
栗山、メヒアは1本安打し、
木村文は最後に何とか1本打ちますが、
チャンスを止めて流れを途切れてしまう雰囲気。
特に7~8番の下位打線は、
今日も全般的に静穏状態。。。


とにかく今日は1~3番が
攻撃を理想的に反復でき、
相手を轟沈しましたが、
もし、相手投手が好調だったり、
天敵のように苦手な投手、
高実力の一線級投手だったら、
攻撃を反復させるのはそう簡単ではなく、
チャンスも少なくなる
ため
5番以降、下位打線でも
きっちり攻撃できる態勢でないと
苦戦を強いられることが必須です。


特に今のライオンズ打線は、
中軸以降が機能せずに、
負けることが多々ある傾向が目立ちます。


安定して勝ちゲームを重ねるには、
そのあたりの問題を改善することが
喫緊な重要課題であることは変わっていません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、エース雄星は、
エースとして安定して相手を抑え、
オリックス5連敗を止めました。


6回86球を投げて無失点。
被安打3、与四球2で
序盤の1回裏、2回裏に
得点圏に走者を置きます
が、
冷静にきっちりとそのピンチを解消します。


球数はイニング別でみると、
1回20、2回18、3回14
4回15、5回11、6回8球
尻上がりに効率的な投球を魅せます。


雄星は、エース役を任されてから
今年になって本当に
一回りも二回りも

大きくなりました。


ただし、雄星だって人の子です。
まあマー君みたいな無敗神話は
そうあるものではありません。

雄星先発の時は必勝を計算したいですが、
たまには落とす試合も出てきます。


それ故にGWのように
雄星のみでしか勝てない!では困るわけで
他投手もしっかりしてもらいたいですね。


ところで、雄星は最後近くまで投げる?
と思いきや、6回86球で下がりました。
この降板って何?マメ??負傷???
小谷野のライナー捕るときに
どこか痛めた?????


確かに6回裏で先頭に被安打されるけど、
小谷野の打席では
雄星を超えそうなライナーを
雄星自身がきっちり打球に反応し捕球し、
結果的に併殺で打ち取りましたように
まだ交代しそうなタイミング・状態
になかったように思えましたが。。。


その後、田村、ガルセス、藤原と継投。
そのうち、田村は故郷へ錦を飾る凱旋登板
になりました。


情報を入手していないので不明瞭ですが、
この雄星交代劇には、
今後の不安が残りますが、、、

何も無ければいいですが、、、


まあ、雄星の降板は、
決して調子が万全でなかったでしょうから、
無理をさせずに一休みさせる意図もあった
かもしれませんね。


ただ、田村、ガルセス、藤原ら
敗戦処理・試合を決した後の消化要員を
全員初戦から消耗していいか?
疑問を残します。


というのも、
明日の先発は実績に乏しい佐野です。
もちろん、佐野が
先発として試合を作って欲しいし、
そのように責務を全うしてくれれば、
今後の先発駒不足問題低減にもつながる
ので、うれしい限りです。


ただし、首脳陣は、明日のゲームで
佐野が早期降板する危険性・リスク
当然のごとく見据えておかなければなりません。
そのリスクが実現のモノとなれば、
田村、ガルセス、藤原には
ロングで投げてもらう必要があるので、
今日の余裕がある展開で、
明日フル回転になるおそれのある
敗戦処理組・点差大の消化組
の消耗は少しでも回避しておきたい
ところでした。


もし使うのであれば、
3人のうち1人だけで3イニング投げさせ、
遠征先ですけど、明日その投手を抹消し、
別の投手を上げて大阪入りさせるべき
ですね。


試合は水モノですから、
「遠征先=上下の入れ替え無し」
と固定して考えるのではなく
どんな状況においても必要とあらば
その状況に応じて入れ替えすべきであり、
一方、下(2軍)の選手らには、
いい緊張感を保ちながら
いつ呼ばれてもおかしくない準備
スクランブルに対応できる準備
を常にしておくよう
意識を高めさせておくことが重要です。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
ところで、2番手以降について、
まず田村わずか5球で三者凡退。
ただ、相手の早打ち・凡打や
水口の好守に助けられたことを否めません。
T岡田への投球は、
シュート回転してのストレート
たまたま外角に外れて手を出してくれましたが、
もし、内角から中へ入っていたら
長打の危険性を伴う投球でしたね。


また中島や伊藤にも
ボールが高かかったですね。


課題は残した投球でした。
それでも球威があり、
今後も楽しみな存在であることを示しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3番手ガルセスは、
安達には甘い真ん中をファウルでしたが、
川端には同じような球をきっちり被右安打
次の西野にはストライク全く入らず四球を与え
いきなり、一死一二塁のピンチを招きます。


その後続がインハイ、アウトローと
難しい球を初球で手を出し打ち損じてくれたので、
ピンチを免れました。


今日の登板は、
相手の不振さにも助けられて
結果往来というところでしょう。


まあ年齢的には27歳ですから、
来年までは雇用を視野に入れて、
落ちる球などを覚えさせて
今は下で専念させた方がベター
でしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4番手・藤原については、
ガルセスと同様に、
先頭(小谷野)を緩急使って抑えますが、
次の岡田に被安打、中島に与四球と、
一死一二塁とデジャブなピンチに。
次の小田には、
ど真ん中の甘いところへ投げるも、
スライダーのキレ活かして空振りさせて奪三振。
まあ小田の実力もありましたけど。


最後、安達にはスライダー攻め。
安達もやる気なく投ゴロ。
もう雨も激しくなったので、
早く帰ろうムードもありましたけど、、、、


まあ決して褒めることができる内容
とは言い難く結果往来というところでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、明日は先発投手が
佐野vs新外国人コーク
です。


佐野に関しては、
球威のあるいい球を持っているのですが、
力んで制球力を低下させ、
高め中心の投球になったりして

自滅→破滅という典型的パターン
でやられること多々あります。


とにかく、佐野自身は、
力まず、でも丁寧に低めへ投げること
に集中
ください。


一方、相手のコークは良く知りません。
でも、速球とスライダーを武器としているようで
4/8日ハム戦でいい投球をしていましたが、
決して打ち崩せない相手でもなさそうに思えます。


上位、中軸のみならず、
下位も貢献しないと。。。。


佐野が先発であることを考えると、
その中で勝利を見据えれば、
最低5点以上はとらないとダメでしょうし、
そのためには、
下位が案山子ではダメダメです。


オリックス金融には借金しまくっています。
できる限り、
このカードで3つ一気に返しておきたいですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【追伸】西武遊園地で火事
先ほど、家の近くをたくさんの消防車が
サイレンを鳴らして西武遊園地方向へ急行していました。


西武遊園地の方向を見ると、
煙が立ち上がり、オレンジ色の明るさが、、、


どうやら
火事だったみたいですね。。。。


どれだけの被害があったかわかりませんが、
お客さんがたくさん来ている営業時間
でなかったことは、不幸中の幸いだったでしょうね。


被害が大きくなければいいですけど。


でも、火事は怖いですからね。。。
先日、岩手県釜石の山火事など
強風に伴って連発していましたよね。


こういう出来事は、
決して他人事ではないから、
気をつけたいと思います。



我が家からは、西武遊園地方向に
黒い煙とやや明るくなった風景が確認できました。
ただ、写真では暗いのでわかりにくいですが、、、