下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

ルーキー達の合同自主トレ開始。「大の字になってリタイア???」

ルーキー達の合同自主トレが始まりました。
いよいよスタートですね!


まだ体ができていないでしょうし、
プロとしてのペースも未知でしょうから、
張り切りすぎてオーバーワークになって
故障することが無いように。
でも、プロとして通年で戦える体づくり
も大切ですから、きっちり鍛えて下さい。


でも、ドラ1の今井は涼しい顔して
練習をこなしていたみたいで、さすがです。


一方、ドラ2の巨漢・中塚は、、、、
この時期だから動きが鈍いのもわかるけど、
大丈夫でしょうか???

完全に正月休みボケですかね。。。


今井よりも4つも年上なんですけどね。。。


いい意味で、のんびりしていて
大物感溢れるタイプと言えそうで、
精神的にタフそうとも思えますが、
やっぱ、自分に甘く、大ざっぱそうで、
いざというときに、あたふたしそうで、
球が速くても、コントロールで
自滅するタイプという懸念
が気になりますが、、、


杞憂で終わればいいですけど。


倒れる中塚を心配する今井と源田




<記事転載>
西武D2・中塚、ポール間走でリタイアしグラウンドで大の字に「まずは練習についていかないと」
サンケイスポーツ 1/9(月) 20:43配信


 西武の新人合同自主トレが9日、西武第2球場でスタートした。昨夏の甲子園V腕で、ドラフト1位の今井達也投手(18)=作新学院高=は、ノックやキャッチボールなどを涼しい顔でこなした。2位の中塚駿太投手(22)=白鴎大=は、腰の張りを訴えて、ポール間走を途中でリタイア。ドラフト上位入団で明暗が分かれた。


  今井は遠目にも分かるほど、バネを感じさせる抜群の動きを披露。キャッチボールでは一球ごとに振りかぶったり、テイクバックを変えたりするなど、工夫して練習に取り組んだ。視察した辻監督は「股関節も軟らかいし、将来性を感じさせる」と改めて春季キャンプのA班(1軍)帯同を熱望した。


  一方、ポール間走で、ほかのルーキーに大きく後れをとった1メートル91、103キロの巨漢、中塚はグラウンドで大の字に。「ポール間を走ったのは久しぶり。あしたが山場。まずは練習についていかないと」と、悲壮感を漂わせた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー