下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

①日本一球団とBクラス球団の危機意識の差! ②もし先発投手をトレードで補強するなら? ③西武木村文に「割れ」作れ!辻監督が打撃個別指導

1.日本一球団とBクラス球団 の危機意識の差! 日ハムと巨人の大型トレードについて、 ※巨人:大田外野手、公文克彦投手  日ハム:吉川投手、石川外野手  の2対2のトレード 大田選手の将来性に期待できるだろうけど、 やはり格差感を否めない一面はあると思います。 しかし日ハムサイドにも意図があるみたいです。 事実かわかりませんが、 日ハムには、下記記事のように 陽岱鋼FA移籍リスクに備え 大田で外…

西武は9人戦力外。では、来年優勝争いをしていくチーム作りのためには?

「西武は9人戦力外」 という記事がありました(下記参照)。 来年に向けて、引退者、外国人を含めて 9名が球団を選手として去る形に。 ドラフトでは6名が入ってくるものの、 外国人の補強問題が残っているとともに、 現在、人数として70名以内のために、 今後、戦力外となる選手が これ以上出ない可能性が考えられますが、 残っているメンバーで 成長が頭打ちの選手も多いので、 彼らがどれだけ頭角を現すことが…

もう来年の話!? 来季の優勝オッズが発表(byベースボールキング)

こんな記事がありました。 海の向こうでは、もう来年の話が出ています。 <記事抜粋> シーズン終了からわずか数日で...  カブスの108年ぶり優勝で幕を閉じたメジャーの2016年シーズン。シカゴの街がパレードに沸き、その興奮も冷めやらない中であるが、早くも来季へ向けた準備が進んでいる。   シーズン終了からわずか数日という現地時間4日(5日)、メジャーリーグの来季を予想する「優勝オッズ」がブック…

海外競馬馬券発売・第3弾(ブリーダーズカップフィリー&メアターフ)

これからブリーダーズカップが アメリカ・サンタアニタパークで行われます。 ブリーダーズカップは、 アメリカ競馬の最高峰のレースで、 いや、世界でもトップクラスのレースであり、 各条件に応じ色々行われます。 牝馬の条件では、 ブリーダーズカップ フィリー&メアターフ (日本時間11/6 AM4:43)が行われ、 今回、日本のオークス馬ヌーヴォレコルト が参戦するので、日本でも馬券を発売します。 過…

他球団の戦力外選手の中で補強の観点からお宝はあるのか?(その2)

ロッテのナバーロ、デスパイネが退団? というニュースを見ました。 デスパは本人が残りたくとも、 キューバの公務員だから、 政府の意向に従わないといけなさそうで、 本人も可哀想ですね。。。 来年は金額の良いソフバンでしょうか? またロッテも金満球団に 昨年クルーズを巻き上げられただけでなく、 今年デスパイネも巻き上げられる危機といい ツキがないですね。。。 一方、ナバーロの方はクルーズの穴を 埋め…

他球団の戦力外選手の中で補強の観点からお宝はあるのか?(その1)

今年の戦力外通告者は113名だそうです。 トライアウトは12日に甲子園で行われるようです。 その中でお宝はあるのでしょうか? あまり詳しく知らない選手も多いですが、 まずはパ・リーグ他球団を見てみます。 セ・リーグは後日。。。 でも巨人は多いなぁ・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◆金子圭輔(13年目/31歳/内野手)【ソフトバンク】 ※記事抜粋  昨季、ウエスタン・リーグの優勝決定…

秋晴れの休日

今日の所沢は、のどかな秋晴れの天気でした。 そこで、第二球場へライオンズの練習を観に来ました。 5日からは宮崎・南郷と第二球場に分かれて の秋季キャンプに入るそうで、 今日は、最後の1・2軍の合同練習のようです。 若手から主力選手たちまで居ました。 金子くんは重役出勤みたいに 遅れてきていましたが。。。 あと自由契約になった木村昇吾が 黙々と一人で走り込んでいました。 大変でしょうが、是非とも …

軒並み断られて?!

ライオンズに関するニュースは、 現在、岸のFA問題一色です。 今のところ、岸の地元の楽天移籍か? それとも、愛着のある西武に残留か? という感じですが、 ソフバンや巨人も乗り出してくるんでは? という気もしています。 このまま残留を祈っていますが、 気がついたら、巨人の岸、ソフバンの岸 とかになっていないことも願っています。 ただ、岸の流出は 今までの涌井や片岡らの流出と訳が違います。 まあ脇谷…

グッバイ、ジャンボ、バスケス、CCリー!

残念ながら、 ジャンボ、バスケス、CCリーの 3外人投手の退団が確定しました。 このうちジャンボは、 使い方次第で活かせる可能性が あったと思うのですが、、、 最後の頃は、制球ボロボロだったけど、 勝てない焦りもあったと思うのですが。 最初に来たときは、大柄の割に丁寧で 制球力はそれなりに見せていたと思うし、 彼の良いところは、 研究熱心のタイプだから、 他の国内球団で雇われ、 日本の野球に慣れ…

金子侑司外野手誕生! となると外野手陣営はどうなるの?

金子くんが来年は 正式に外野手として挑むようです。 辻監督は「外野手として考えている」と、 本人も「試合に出られるなら  どこのポジションでもいい」 と話しているそうで、 双方の合意の基なので 一所懸命に頑張って下さい。 今後の長い野球人生のためにも 本職だった遊撃手としての 送球難を克服して欲しかったですが、  外野手として決めたからには、 「どこのポジションでもいい」 というのではなく、 す…

森を捕手一本で使う方針に伴う外野手陣の課題

森を捕手一本で使っていくこと が決まりましたね。 辻監督が自ら決めたのだから、 もうあれこれ言うつもりはありません。 今年1年間ブレずに 徹底的に鍛え上げて 「打てる捕手」の実現を 目指して下さい。 そのためには、 1軍の試合で苦しいときがあっても、 捕手として、 1軍に上げていい時期か否かの判断 を優先して采配下さい。 今年のように目先の得に振り回される采配は避けて、 じっくり長期的視野で徹底…

岸のFA権行使は今までの行使者とは訳が違う。球団側はその真意を重く受け止めているのだろうか?根本的に体質改善を考えていくべき時期にきているのでは?

日本シリーズが終わり、 今年のプロ野球は全て終了しました。 次に騒がれるのはFA問題であり、 ライオンズのエース岸も その問題が残されています。 岸が最終的にどう判断するかはわかりませんが、 残念ながらライオンズはFA問題では、 流入よりも流出が多い傾向にあります。 (上記の記事抜粋) 現行のFA制度となった2008年から 西武は8人と流出選手が最も多い。 さらにFA制度が導入された93年から …

漫画のような第7戦は幻になってしまいましたが、面白い日本シリーズをありがとうございました。

今日は日本シリーズ第6戦。 今日、広島が勝って逆王手とし、 第7戦の最終戦で漫画みたいな 大谷vs黒田の頂上決戦 を見てみたかったですが、、、 まずは日ハム、広島の皆さま、 面白い、熱い日本シリーズを ありがとうございました。 本当にお疲れ様でした。 そして 日ハムの皆さま、ファンの皆さま 10年ぶりの日本一、 おめでとうございました。 今年の日ハムさんは、 あの強豪・ソフバンを打ち破り、 日本…

漫画のような日本シリーズになるのか? & 一方、遠い遠い国で本田が好投(各打者との対戦結果)

今日の日本シリーズ第6戦。 日ハムは大谷が先発じゃないんですね。 日ハムはあと1つ勝てばよく、 大谷を後に回す余裕ができましたからね。 大谷も登板間隔を開けられるし。 でも、第6戦、ベンチに入り 代打で出てくるかも? なんですよね。 大谷くんは、一体、 どれだけ働くんだろ?! ということは、 今日、広島が勝って逆王手を打ったら、 最終の第7戦は、大谷vs黒田??? そうなったら、 もう漫画ですね…

甲子園優勝投手・今井を単独1位指名した西武。現実より夢、ドラフトに見るチームの野心と課題

こんな記事があったので、 そのまま転載します。 最近のライオンズは、 なかなか育成が上手くないですからね。。。 頭打ちになっている中堅選手も多いですし。。。 そういえば、ライオンズは 9年連続で遊撃手を指名していたんですね。 だけど、未だにスタメンを固定できず。。。 【以下が記事の内容です】 高卒投手が武隈、菊池しか活躍していない現状で今井をどう育成するのか  ファンにとって、ドラフトは夢を見る…

どえらいゲームですね。でも色々と勉強になりそうな日本シリーズですね。

日本シリーズ第5戦。 今日も8回まで1対1の均衡ゲーム。 最後、二死満塁で西川の打席。 日ハムにとって、 ここは1点獲ればいい場面。 西川が単打でいいし、 押し出しでもいいし、 暴投でもいい。 と思いきや、 さよならグランドスラム?! 大谷でもなく、中田でもなく、寿司外人でもなく、 西川がGood by 満塁ホームラン?! なんじゃ、そりゃ??? 広島も強いと思ったけど、 日ハムもやっぱ強かった…

ドラ1今井くん、将来のエース候補へエースナンバー「1並び」?!

渡辺SDら球団サイドによる ドラフト1位指名された今井投手への 学校あいさつが、 「1並び」の11月1日午後1時 に行われることになったそうです。 将来のエース候補へエースナンバーに ちなんだ日時となったそうです。 験担ぎでいいんじゃないでしょうか。 ところで、今井投手の背番号は 何番になるんでしょうかね? 18番は多和田にやってしまい、 元エースの東尾氏の番号21は十亀だし。 稲尾氏の番号24…

ライオンズにおける来年の戦力は?(その3)【内野・外野手編】

日本シリーズ第4戦。 レアードの2ランで決まったけど、 それまでは、第3戦に続き、 1点が重い雰囲気でしたね。 レアードの2ランの前の中田の四球。 6回裏に打った一発が効いていたのでしょうか? 中田自身が1・2球目を空振りしたが、 ジャクソンが投げた7球全てはアウトローのボール球。 でも広島も9回2死の場面から、 四球を皮切りに満塁フルカウントまで粘る底力。 恐るべし。日ハムもあと1人が遠い遠い…

各球団の捕手事情・・・

北海道に場を替えての 日本シリーズ第三戦。 家に帰ってきたときには、 8回裏の攻防だったので、 残念ながら、 黒田の投球を見ることが できませんでしたが、 野球って、やはり 最後の最後までわからないですね。 (最後までハラハラさせるそこがいいんですが、  やっている方は気が気ではないですね) 8回裏、大谷が敬遠された後の     逆転中田タイムリー。 9回表、鈴木の3ベース。     それでも谷…

「消える投球術、またどこかで見たい!」&「 ライオンズの元正捕手の行方」

TV中継から姿消える投球術! 中崎の独特な投球フォームは、 今年、ひそかに話題になりましたね。 弟は日本シリーズの舞台で活躍中ですが、 兄貴の方は、シーズン終了後、残念ながらも、 球団からも姿を消すことに。。。 今は、西武第二の室内練習場等で準備中のようで、 11月12日の合同トライアウトに挑戦するみたい。 「左投手の特徴を生かしたい。  そういった部分をアピールしたい」 と意気込んでる様子です…