下手の横好き(馬と獅子が好きです)

主に西武ライオンズ、競馬のことを主にに書いています。

6/30オリックス9回戦(in所沢) 森コーチの追悼試合でも特別な思いも実らず、完敗となった6月最終戦。今の西武には流れが無いだけに苦しい状況ですが、イレ込まず開き直るしかない時期です。

3週間の遠征からホーム帰還後の緒戦。
試合前には森コーチの追悼セレモニーが行われ、
西武にとって、今日は特別な試合に
こちらはエース雄星を先発に立てています。
負けるわけには行けません。
ただし、今日は思いが強すぎるため、
それを意識する雄星も
精神的に張り詰めているでしょうから、
いつもより早く疲れが生じやすいはずです。
こればかりはやむを得ません。
とにかく落ち着き、
いち早く自分のリズムで投げ込んで欲しいです。


相手はルーキー・ドラ1の山岡。
前回は京セラで初回の立ち上がりを打ち崩し
6回4失点と打ち込んでいます。
山岡もルーキーが故に、
初回からやられて一杯一杯になり崩れました。
今回も早々に攻め崩し、雄星を援護したく、
今後のシーズンを有利に戦うために
山岡自身にも
西武打線への怖さを植え付けたいですね。


さて、今日の試合の方は、


【1回表】
◇マレーロ、2球目内角直球を左飛
◇大城、逆球見られるが、
 3球目の内角スライダーを遊ゴロ。
◇小谷野、B4S1と制球に苦しみ与四球
 まだ自分のリズムになっていない。
 靴紐を結びなおします。
◇ロメロ 初球の真ん中直球を中安打
 二死一三塁。
◇モレル
 初球は銀が構える外角に直球を決めます。
 3球目、カウント欲しかったが
   カーブが外角に外れ、がっくり。
 しかし、4球目は速球で空振り追い込む。
 最後はインハイの直球で空三振。
◇雄星 立ち上がりを16球で処理。
 走者を置いてから、
 落ち着きを取り戻し二者残塁。
 ただ、雄星の球は高め傾向。
  球威がある今は良いが、
 後々球数が嵩んでどうなるか。

 今日は精神的にも張り詰めていますから、
 早めから楽にさせて上げたい。 


【1回裏】
いきなりモレルが下がって、小谷野がサード、
中島がファースト。何故?
どうやら、モレルが空振りしたとき
どこか痛めたらしいです。
◇秋山 緩急を使って3球で追い込まれます。
 沈まない外角チェンジアップを浅い中飛
◇源田 ルーキー対決
 山岡の2球目内角低め直球は良い球でした。
 フルカウント後の6~7球目をファウル。
 8球目内角低め直球を一塁線上に打つが
 中島が好守。一塁強襲の一ゴロに。
◇浅村 B0S1からの2球目内角低め縦スラを左飛
◇山岡 立ち上がりを15球で三者凡退。
 縦に落ちる縦スラ、チェンジアップに
 どう対峙するかが課題。


【2回表】
◇T岡田 全てストレートで三球三振。
 空振り、ファウル、空振り。
◇武田 初球の外角低めカーブを
 きっちり上手く打たれて遊抜け左安打。
 積極的に打ってきました。
◇安達 中の低めスライダー、外角低め直球と
 2球で追い込みます。
 最後は外角直球で三球三振。
◇若月 初球、真ん中直球を空振り。
 2球目も外角直球を空振り。当たらない。
 3球目は外角高め直球を流しファウル
 4球目は外角にチェンジアップで外します。
 5球目は外角高め直球で遊ゴロ。
◇雄星 ここまで28球。
 武田には初球を打たれますが、
 冷静にストライク先行の投球で抑えます。
 直球も気持ちが入って走っており、
 相手も簡単に打てません。

 ただし、球が高く、変化球は打たれている。


【2回裏】
◇おかわり君 初球、内角高めに直球が抜け、
 2球目も外角高めに直球を外します。
 3球目も内角に直球を外します。
 しかし、4球目は内角高めに直球を入れ、
 5球目は真ん中のカットボールを見逃し。
 6球目は真ん中直球を遊ゴロも
 安達が握り治して悪送球で出塁。
◇メヒア 無死一塁
 初球は外角高めにカットボールを外し、
 2球目も外角に縦スラを外し、
 捕手が一旦マウンドへ。
 3球目が外角に外すカットボールを空振り。
 4球目は内角高め直球を打つが大きなファウルに。
 5球目は外角低めに外す縦スラを見送る。
 6球目は外角高めカットボールを
 流して大ファウル。
 最後は外角に外れ、与四球。
◇直人 無死一二塁 初球バント成功。
◇外崎 一死二三塁
 初球、中の低めチェンジアップを空振り。
 2球目、外角チェンジアップを外され、
 3球目、高めチェンジアップをファウル。
  3球で追い込まれます。
 4球目、外角の縦スラを見送ります。
 5球目、内角にストレート外しフルカウント 
 6球目、外角に縦スラ外し、連続与四球。
◇相手コーチがマウンドへ行きゲキを飛ばしに。
 失策、連続与四球に伴う
 自滅型満塁による大チャンスをもらいます。
 前回同様に序盤から山岡を攻め落としたいです。
◇銀、一死満塁
 初球の外角カットボールを引っ張りファウル。
  強引に引っ張ったゴロだったので、
  一瞬、危なかったですが、
  ファウルに切れて助かります。
 でも、2球目の外角高めに外れた直球を
 同じような打ち方で引っ張り、
 6、4、3の併殺打!
 せかっく初球はファウルで助かったのに
 2球目も同じコースで
 同じような打ち方をしました。

 違ったのは、
 銀は速いストレートに照準を合わせていたので
 初球のカットボールは振り急いでファウルに、
 2球目は球がもうちょっと速かったので
 打球がフェアゾーン(ショート方向)に行ったこと。
 初球も下手をしたら5、4、3の併殺でしたね。
 結局、2球続けて併殺性の内野ゴロでしたね。


◇山岡 ここまで37球
 自滅型満塁のピンチ無失点で凌ぎました。
 せっかく相手がくれたチャンス
 モノにできず潰したのは、
 あまりにも痛手な結果になりました。


【3回表】
◇マレーロ
 初球は中の高め直球をファウル、
 2球目は内角高めスライダーを見逃させて
  追い込みます。
 3球目、外角にチェンジアップを外し
 4球目は外角高めにチェンジアップが抜けます。
 5球目、内角スライダーをファウルされ
 6球目、外角高め直球を流され
  ギリギリ・ライトスタンドに
  先制ソロ弾を浴びます。
  ただし、
  やられたのは、あくまでソロ弾です。
  ここは事故と割り切り、
  意識を切り替えないと。
◇大城 
 2球目セーフティーバントの構えから見送りB1S1。
 3球目はカウント稼ぎにカーブ投げるも外す
 4球目は中の低め直球を、
 5球目内角低めスライダーをファウルで粘ります。
 6球目は内角高めに外しフルカウント。
 7球目は内角低め直球を上手く打たれますが、
  外崎が捕球して浅い左飛
◇小谷野
 初球、中の高め直球を空振り
 内角低め直球の2球目で追い込みます。
 3球目は中の高め直球を流しファウル。
 4球目は外角高めに一旦外します。
 5球目も外角高めチェンジアップをファウル
 6球目は内角スライダーを三塁線上に打たれるが、 
  雄星が好守で間に合わせ投ゴロ
◇ロメロ
 初球、内角低めスライダーを空振り。
  ロメロ、スライダーに合っていません。
 2球目、外角高めスライダーを空振り。
 3球目直球を高めに外し、
 4球目、内角低めに直球を投げ、
  本人も決まったと思いマウンド
  降りようとします
が、ギリギリ外れます。
 結局、次の5球目、外角高めカーブを中安打
◇中島 二死一塁  
 初球は外角高め直球をファウル
 2球目は内角低めに直球を外し、
  雄星がちょっとがっくり。

 3球目、内角高めスライダーを空振りも、
 4球目も同じ球をファウル 
 5球目、外角高め直球をファウル
 最後は外角高め直球で空三振
◇雄星 ここまで58球
 マレーロに1発被弾しました。
 でもソロなんで、
 気にしてもしょうがありません。
 ただ、雄星もまだ高め傾向。
 球数もやや多めなので、
 スタミナが心配です。


【3回裏】
◇金子(左)
 初球は内角低めに縦スラを外し、
 2球目は外角低め2シームを空振り
 しかし3球目を内角高め2シームを中安打。
 この回も先頭が出ました。
◇秋山 無死一塁
 初球の外角高めチェンジアップを捕邪飛
  初球で打ち損じるのも秋山らしくありません。
  山岡の変化球に翻弄させられています。 
◇源田 一死一塁
 初球、外角低めに直球外す。
 その直後、金子が逆を突かれて
 痛手となる牽制死に。
 これでランナーが居なくなり、
 2球目は外角に直球がワンバン
 3球目は二ゴロと思いきや
  大城が慌ててポロリをしてエラーで出塁。
◇浅村 二死一塁
 初球、中の高めにカットボールを手が出ず見逃し。
 2球目、外角高めに縦スラ外す
 3球目、内角高めに外す直球を捕邪飛
◇山岡 ここまで47球
 金子、源田と二度の出塁を許しますが、
 西武打線が点のままで線にならず、
 決定打を欠いて無失点と苦しい展開。


【4回表】
◇T岡田
 初球、外角低めにスライダー外す
 2球目、半端に当たった球を投ゴロ。
◇武田
 初球、中の低めスライダーをファウル
 2球目、中の低め直球空振りで追い込みます。
 3球目、高め直球で三球空三振
◇安達 
 初球、外角高めに直球外す
 2球目、外角高め直球をファウル
 3球目、内角低めに直球外す
 4球目、内角低めにスライダー外す
 5球目、内角高め直球を遊飛
◇雄星 ここまで68球
 高め傾向でしたが、
 低めにもばらつかせるようになり、
 ここは初の三者凡退に。
 早く打撃による援護を。


【4回裏】
◇おかわり君
 初球、内角低め直球を見逃す
 2球目、内角に直球外す
 3球目、外角低めに縦スラ外す
 その後も外れて与四球で出塁。
◇メヒア 無死一塁
 初球、外角にチェンジアップがワンバン
 2球目、真ん中カットボールをファウル
 3球目、外角低めに外す縦スラを見送り
  良く見極めました。
 ただ4球目、外角高め直球を空振り。
 5球目、外角高め直球を
  
痛い4、6、3併殺打
◇直人 
 初球、内角低め直球を外し
 2球目、外角の縦スラを見送り
 その後、3~4球目外しボール先行。
 5球目、内角直球の見逃しでフルカウント
 6球目も真ん中の直球をファウル
  最後は内角低め縦スライを三ゴロ
◇山岡 ここまで64球であり、
 出塁を許しても点は許しません。
 というか併殺打は痛かったですね。
 今日は2度の併殺帰塁時のアウトと、
 チャンスがありながらも攻め切ること
 ができません。
 この度重なるチャンス潰しは、
 西武へ傾けたい流れを止めてしまい、
 ルーキー・山岡に自信を与えていきます。


【5回表】
◇若月 中の高め直球の初球を左安打
  油断しましたね。
◇マレーロ
 初球、中の低めスライダーを
 左中間場外に2ランを被弾。
 球は低かったものの、
 相手が上手く打ちます。
 連続初球打ちと僅か2球で2失点。
 マレーロのデータは乏しいでしょうが、
 若月、マレーロの2打席は
 注意力・警戒心が足りませんでしたね。
◇大城
 初球、内角高めスライダーを決めるが、
 2~4球目を外し、B3S1に。
 次に中の高め直球をファウルでフルカウント
 6球目、内角直球を上手く打たれ右安打
 若月、マレーロの僅か2球により
 流れはオリックスに大きく傾き、
 その勢いで大城も続きました。

◇小谷野 無死一塁
 初球、外角高めに直球外します。
 2球目、また外角にスライダーを外し、
 ボール先行となります。
 3球目、中の低めスライダーをファウル
  エンドランを仕掛けています。
 牽制を入れて自分を落ち着かせます。
 4球目、中の低めスライダーをファウル
 再び牽制2度入れます。
 5球目、外角直球をファウルで粘られます。
 6球目、中の高め直球をファウル
  浅村がフェンス際で何とか捕球アウト。
◇ロメロ 一死一塁
 初球、外角にチェンジアップがワンバン
 2球目、中の高めに外す直球を空振り
 3球目、中の高めに直球を外す
 4球目、内角スライダーを詰まらせるも
  センター前に落ちるポテンヒット
◇中島 一死一二塁
 初球、真ん中に甘く入るスライダーをファウル
  危なかったですね。捕らえられそうでした。
 2球目、外角高めにスライダー外す
 3球目、中の低め直球をファウル
 4球目、外角高め直球をファウル
 5球目、内角直球を空三振
◇岡田 二死一二塁
 初球、外角直球見逃し
 2球目、真ん中直球もバットが折れて詰まり
  二遊間抜けそうも源田正面で遊直
◇雄星 ここまで93球
 球数が嵩んできて
 高め傾向の投球が響いてきましたね。


【5回裏】
◇外崎
 初球、外角低めカットボールを見逃し、
 2球目も中の低めチェンジアップを見逃し。
 3球目、外角低め縦スラを投ゴロ
◇銀
 初球、自信を持って真ん中直球を決めます。
 2球目、外角低めチェンジアップを
  引っかけ三ゴロ。
◇金子(左)
 初球、中の低めチェンジアップを空振り
 2球目、外角に低めに直球外す
 3球目、外角低めに縦スラ見逃し
 4球目、中の高めチェンジアップを右飛
◇山岡 ここまで73球
 西武打線は、
 縦スラ、チェンジアップなど
 多種多様な
変化球に翻弄
 山岡も自信に溢れる投球を魅せ、
 勢いをつけて良化していきます。


【6回表】
◇武田
 初球、中の低め外す直球を三遊間抜ける左安打
  球威が疲れから落ちています。
◇安達 無死一塁でバントの構え
 初球、内角低めに直球外す
 2球目で決めてきます。
◇若月 一死二塁
 初球、内角低めスライダーを空振り
  相手も直球狙いでタイミング合わず。
 2球目、内角高めに直球外す
 3球目、内角スライダーをファウル
 4球目、外角に直球外す
 5球目、内角直球を中飛
◇マレーロ 二死二塁 敬遠で一塁埋めます。
◇大城 二死一二塁
 初球、内角スライダーを詰まらせて左飛
◇雄星 ここまで106球
 球数が嵩んで球威が落ちています。
 でもQSは達成しました。


【6回裏】
◇秋山
 初球、外角低めに縦スラを見逃し
 2球目、中の高め直球をファウル
 3球目、外角低め一杯に縦スラを決められ見三振
  この外角の落ちる球は前打席同様に
  全く合っていません。
◇源田
 初球、中の高め縦スラ見逃す
 2球目、外角チェンジアップをファウル
 3球目、外角高め直球で空三振。
 二者連続三球三振
◇浅村
 初球、内角高め縦スラを止めたバットに
  当たりファウル
 2球目、外角カットボールを見逃し
 3球目、外角低めに直球外す
 4球目、外角にチェンジアップ外す
 5球目、内角高め直球を遊飛
◇山岡 ここまで84球で完投ペース。
 簡単に三者凡退を奪われます。
 山岡も良い球を投げてきますが、
 西武打線も、完全に気負って焦って
 突破口をなかなか開けません。
 嫌な重いムードが高まっています。


【7回表】 
◇雄星が続投。現在、106球
◇小谷野
 初球、内角にスライダー外す
 2球目、内角低めスライダーを空振り
 3球目、中の高めに甘く入ったスライダーを
  弾き返され中安打

◇ロメロ 無死一塁
 初球、中の高め直球をファウル
 2球目、中の高めに外す直球を空振り
 3球目、外角低めにチェンジアップがワンバン
 4球目、内角高め一杯の直球で見三振
◇中島 一死一塁
 初球、内角カーブでカウント稼ぐ
 2球目、外角低めに直球外す
 3球目、内角直球を左安打
  直球も球威が落ちております。
◇T岡田 一死一二塁
 初球、外角スライダーをファウル
 2球目、外角直球をファウル
 3球目、外角に直球外す
 4球目、外角高め直球をファウル
 5球目、外角低めにスライダー外す
 6球目、中の低めにスライダー外す
    フルカウントに
 7球目、内角直球をカットで粘る
 8球目、内角高め直球をカットで粘る
 9球目、外角高め直球をカット
 10球目、中の高めスライダーを
   タイミング狂い浅い中飛
   粘られますが何とか凌ぎます。
◇武田 二死一二塁
 初球、内角高め速い直球をファウル
  150km/h超えと回復させます
 2球目、外角低めチェンジアップ空振り
  初球の速球が活きています。
 3球目、外角チェンジアップで空三振
◇雄星 ここまで129球
 一杯になり苦しみながらも
 なんとか一二塁のピンチを凌ぎました。


【7回裏】
◇山岡が続投。まだ84球です。
◇おかわり君
 初球、高め縦スラを空振り
  これを打てないかぁ・・・
 2球目、内角低め直球をファウル
 3球目、外角低めにチェンジアップ外す
 4球目、外角低めに直球がワンバン
 5球目、中の高め縦スラを打ち損じ深い二飛
  全く合っていない。。。
◇メヒア
 初球、内角直球を
  ショートを抜ける左中間安打
◇直人 一死一塁
 初球、内角低めにチェンジアップ外す
 2球目、外角高め直球をファウル
 3球目、内角高めに直球外す
 4球目、内角低め一杯に直球決める。手が出ず。
 5球目、外角低め一杯に緩い縦スラ
  を決めて手が出ず見三振
◇外崎 二死一塁
 初球、真ん中チェンジアップを大振り
 2球目、外角低め一杯に直球決める。
 3球目、外角に縦スラ外す
 4球目、外角低めに外れる縦スラを空三振
◇山岡 ここまで99球
 山岡は怖さがないのか、
 直人、外崎には自信を持って投げ、
 一杯にいいコースへ決めてきます。

 山岡自身が勢いに乗ってきましたので
 手が付けられなくなってきました。


【8回表】
◇2番手に平井が登板
◇安達
 初球、中の高めにスライダー外す
 2球目、真ん中直球をファウル
 3球目、内角高めスライダーをファウル
 4球目、外角スライダーで空三振
◇若月
 初球、外角高め直球を流され、
 フェンス直撃の右二塁打
 また初球を狙われます。
◇マレーロ 一死二塁
 初球 外角高めにシュート回転直球外す
 2球目、内角直球を空振り
 3球目、外角に外すスライダーをファウル
  4球目を投げるもタイムで外される。
 4球目、もの凄く大きく外した
  外角スライダーで空三振

◇大城 二死二塁
 初球、外角高めスライダー見逃し
 2球目、外角低めにスライダー外す
 3球目、中の低めスライダーをファウル
 4球目、外角スライダーを遊ゴロも
  源田が走者で見えずにポロリ。
  走者を追加します。
◇小谷野 二死一三塁
 初球、外角高めスライダー見逃し
 2球目、外角高めに直球外す
 3球目、内角低めに直球外す
 4球目、外角に外すスライダーを空振り
   大振りでヘルメット外します。

 5球目、外角スライダーを三ゴロ
平井は経験を積むにつれて、
 登板毎に実力向上中に入ってます。


【8回裏】
◇山岡 ここまで99球でも続投
◇代打・水口
 初球、外角高めに縦スラ外す
 2球目、高め直球を
   当たりが良すぎて右飛
◇金子(左)
 初球、外角低めに縦スラ外す
 2球目、中の低めに縦スラ外す
 3球目、外角高めに直球外す 
 4球目。中の低め直球見逃し
 5球目、中の低め縦スラで空三振
◇秋山
 初球、外角直球を見逃し
 2球目、外角高めに直球外す
 3球目、内角低めに落ちる
  チェンジアップ空振り
 4球目、外角低めに落ちる縦スラを空三振
  あの秋山が連続して
  外角低めに落ちる球に苦し続けます。
◇山岡 ここまで110球
 水口のときに高めになってきた?
 と思わされたが、
 縦スラ、チェンジアップが
 まだ落ちまくっていおり、

 チャンスすら作ることができません。


【9回表】
◇3番手に大石が登板
 森コーチに恩返しする投球を目指します。
 捕手は岡田に代わります。
◇ロメロ
 初球、中の高め直球を三遊間抜ける左安打
 
また初球狙いです。
◇鈴木 無死一塁 バントを初球で決めます。
◇T岡田 一死二塁
 初球、中の低めフォークで空振り
 2球目、内角高め直球をファウル
 3球目、外角低めフォークで空三振
◇武田 二死二塁
 初球、中に落ちるフォークで空振り
 2球目、外角低めにフォークがワンバン
 3球目、内角低めにフォークをワンバン
 4球目、外角低めにフォークをワンバン
 5球目、中の低めフォークを空振り
 6球目、真ん中フォークをファウル
 7球目、外角にフォークが
  ワンバンし与四球
◇若月 二死一二塁
 初球、中の高めにスライダー外す
 2球目、外角スライダーを見逃し
 3球目、内角直球を浅い中飛
◇大石
 少し危なかったが
 最終回の逆転を信じて何とか無失点に。 


【9回裏】
◇2番手、守護神・平野に交代
◇源田
 初球、外角高めに直球外す
 2球目、外角低め直球を空振り
 3球目、外角低めにフォーク外す
 4球目、外角低めに直球外す
 5球目、外角高めに直球外す
  先頭として与四球により出塁。
◇浅村 無死一塁
 初球、外角フォークをファウル
 2球目、外角低めにフォーク外す
 3球目、ど真ん中直球を
  三遊間抜ける左安打
ビハインドの立ち位置で最終回です。
 球場は森コーチのための逆転を願う応援
 でムードが高まるため、 
 平野も普段の投球がやりにくくなってます。
◇おかわり君 無死一二塁
 初球、真ん中直球を振り遅れファウル
 2球目、外角高め直球を見逃す
 3球目、外角低めに力んで外す
 4球目、外角低め一杯に直球見三振
 甘く入った2球目見逃しが悔やまれます。
 ただ、ど真ん中の初球を
 振り遅れファウルになった
 あたりを見ると、状態は良くないです。
◇メヒア 一死一二塁
 初球、外角低めに直球外す
 2球目、外角低めにフォーク外す
 3球目、外角低め直球を左安打
◇代打・栗山 一死満塁
 初球、外角フォークをファウル
 2球目、内角フォークをファウル
 3球目、外角高めに直球を外す
 4球目、外角高めに直球外す
 5球目、外角高め直球で空三振
 栗山は状態がやはり厳しいようです。
◇外崎 二死満塁
 初球、真ん中フォークを三ゴロ
 甘い球だったので初球攻めは良かったですが、
 気持ちが出すぎて功を焦った形に。


------------------
結果は、
オ3-0西と
西武は三連敗で

カード頭を、
特別な試合を落とす。


今日の試合をまとめると、
今日は特別な思いを込めた試合だっただけに、
雄星自身、それを意識せざるを得なく、
いつものような自分のリズムで投げられず、
また精神的に張り詰めているため、
いつもより早く大きく疲れやすい状況。
そのため、西武打線も早めに山岡を崩し、
雄星を援護して楽に投げる環境を築いてあげたい
ところなんですが、
序盤からチャンスがありながらも
そのチャンスを潰し続けて
山岡を攻め切ることができず。

その結果は、
雄星の方に、気持ちとして
絶対に相手の先制点、追加点を許してはならない
という苦しい展開を強いられ、

山岡の方に、自信を与えることとなり、
その勢いに乗って尻上がりに
良化する展開をもたらしました。


雄星も苦しいながらも、QS達成と、
最低限、先発としての仕事をしており
打線の決定打不足が痛かったです。


確かに、
山岡はいい投球をしましたが、
手探り状態の序盤に攻め落とせず、
そのまま中盤以降、勢いをつけてしまった
という所です。
正直、大痛手には
2度の併殺打や帰塁死

挙げられます。
ただ、一番は、山岡の
縦スライダー、チェンジアップの落ちる球、
カットボールも含めた変化球に対し、
全く対策を講じることができなかったこと

でしょう。
球種を絞り切ることができず、
山岡の変化球に翻弄させられます。
おまけに、
山岡のコース一杯に突く制球の良さが光り、
見逃しも多かったです。


とにかく
打てなければ勝てません。
ゼロでは勝てません。

(ドラマ「スクールウォーズ」より)


このような形でやられてしまう感じは、
天敵タイプにやられるイメージです。
確かに、今の西武打線は下降気味とはいえ、
次も同じようにやられることになれば、
またまた新たな天敵を誕生させることになります。
天敵を生まないために、
次はきっちりとカタにはめて巻き返しましょう。


ただ、打順について、1つだけ希望があります。
金子→源田→秋山→浅村
に戻して欲しいですね。


今のおかわり君に4番は厳しいですしね。


その理由は、以前、ブログに書いたとおりです。


ところで、今日、「やまだはるか」が昇格しました。
ようやく形になってくるくらい成長してきましたかね。
いいことです。是非とも明るく頑張って欲しいです。


ところで
「やまかわほたか」はいずこへ?


----------------------
あと今日、特徴的だったのは、
相手が初球狙いと、
積極的に攻めてきました。
13安打のうち6安打が初球打ちです。


そのような傾向を感じ取れば、
本来なら、初球は警戒して外すが鉄則です。
むしろ、逆の立場から見れば、
早打ち傾向になりやすい西武に対し、
他チームは初球に注意を払っており、
その策にやられることが多々あります。


確かに、今日は特別な思いがあったから、
勝ちたい勝ちたいという
気持ちが出すぎたこともあったので、
それ故、功を焦っている面があり、
相手が積極的に攻めてくるとわかっていても
初球から外すという余裕は無く、
冷静さを欠いていた面もあったでしょう。


ただし、
ソフバン戦でも初球被弾がありましたように、
最近の西武は下降線ですから、
状態が悪くなればなるほど、
功を焦って空回りとなり、
功を焦れば焦るほど、
流れを喪失していきます
そして
ネガティブになればなるほど
なかなか立ち上がれないほど陥没します。


巨人が13連敗したとき、
空回り、何をやっても上手くいかず
ということは誰もが目にしています。
昨年の西武だって同じ現象に陥っていました。


「勝ちたい勝ちたい」
という気持ちは大事ですが、
逆にその気持ちが出過ぎ(イレ込む)たら、
勝負事ではいいことは何もありません。


なかなか難しいですが、
準備を重ねつつ、
物事を冷静に判断することができるか?
開き直りながら戦うことができるか?

(準備(策)不足のやけくそとは違います)
が大切です。


------------------
さて、このカードの問題は、
このオリックス戦のカードを
どうおさめていくのか?
です。


今日は負けましたが、幸いのことに
追いかけてくるオリックスとの差は
5.5差
あります。


上位の楽天、ソフバンを見据えれば、
双方が直接対決してつぶし合っている今は、
できることなら3連勝
でしたが、
とにかく、2勝1敗で勝ち越して
オリックスに差を1つ広げたい所。

絶対にやってはいけないことは、
オリックスにホームで3連敗
です。


オリクッスは
今週の日曜日の3戦目に
誰を出してくるか(西?)知りませんが、
もし土曜日の2戦目も負けると
こちらは連敗を重ねる分、
切羽詰まって追い込まれますし、
オリックスは勢いに乗ってきますから、
土曜日は勝っておきたいところ。


確かにこちらの先発・十亀は、
広島戦やソフバン戦に雄星で落としても、
連敗ストッパーのようになっていますが、
投げてみないとわからないタイプ。


それよりも懸念されるのは、
天敵・松葉が先発してくること
であり、また貧打に悩まされるか?
ということでしょう。


今年も試合は2敗しており、
(松葉の勝ち星は1つですが)
2試合の得点の方は
8回を無失点、7回を2点です。


しかも2試合目は5回まで無失点
であり、何度もチャンスを潰す
いつもの「やられパターン」でしたね。


いつもの選手任せに「好球必打」作戦!
&「積極的に打っていけ!」作戦!

すなわち、いつもの
「自分で打てそうと思ったら
 勝手に積極的にドンドン打っていけ!」作戦

では通じないことは、
今までの実績が示すとおりです。


明日はメットライフドームへ駆けつけ、
微力ながらも、応援しに行きたいと思います。


明日からは7月です。
簡単ではないですが、気張ることなく、
心機一転して自分たちの野球で挑んでください。